ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

唐組30周年記念、第1弾「吸血姫」に銀粉蝶が出演

306

唐組の30周年記念公演第1弾「吸血姫」が、4月から大阪、東京、長野ほかで上演される。

「吸血姫」は、1971年に状況劇場によって初演された唐十郎の初期作品。今回は唐と久保井研が共同演出を務める。

江の島の海辺にある愛染病院を舞台に、献血車に血を売った青年・肥後の守を軸とした物語が描かれる。国際劇場で歌うことを夢見る高石かつえ、海乃ほおずきと名乗る看護婦の2人に惹かれた肥後の守は、共に天職を探すことを決意するが、愛染病院の院長・袋小路浩三と、歌謡界の鬼・花形が立ち塞がり……。

出演者には久保井、第25回読売演劇大賞女優賞にノミネートされた藤井由紀岡田悟一ら唐組メンバーに加え、銀粉蝶が名を連ねている。

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫び致します。

唐組30周年記念公演第1弾 唐組第61回公演「吸血姫」

2018年4月
大阪府

2018年5月5日(土・祝)・6日(日)、11日(金)~13日(日)
2018年6月2日(土)・3日(日)、8日(金)~10日(日)
東京都 花園神社

2018年5月19日(土)・20日(日)、25日(金)~27日(日)
東京都 鬼子母神

2018年6月
長野県

作:唐十郎
演出:久保井研、唐十郎
出演:久保井研、藤井由紀岡田悟一 / 銀粉蝶 ほか

ステージナタリーをフォロー