ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

開場20周年を記念し、新国立劇場オリジナル版「白鳥の湖」を上演

38

「白鳥の湖」より。(撮影:瀬戸秀美) 

「白鳥の湖」より。(撮影:瀬戸秀美) 

新国立劇場バレエ団による「白鳥の湖」が2018年4月30日から5月6日まで、東京・新国立劇場 オペラパレスにて上演される。

同劇場の開場20周年を記念し上演される、古典バレエの名作「白鳥の湖」。元舞踊芸術監督の牧阿佐美が2006年に改訂振付した新国立劇場オリジナル版では、オディットの運命を浮き彫りにするプロローグが付け加えられたほか、通常カットされることが多い3幕のロシアの踊り・ルースカヤのシーンを盛り込むなど見どころの多い作品となっている。

オディット / オディール役は米沢唯小野絢子、木村優里、柴山紗帆が、ジークフリード王子役は井澤駿、福岡雄大、渡邊峻郁、奥村康祐が回替わりで務める。

新国立劇場バレエ団 2017/2018シーズンバレエ 新国立劇場開場20周年記念特別公演「白鳥の湖」

2018年4月30日(月・振休)~5月6日(日)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

音楽:P.I.チャイコフスキー
振付:マリウス・プティパ、レフ・イワーノフ
演出・改訂振付:牧阿佐美

キャスト

オディット / オディール:米沢唯(4月30日、5月3日13:00)、小野絢子(3日18:00、5月6日)、木村優里(5月4日)、柴山紗帆(5月5日)
ジークフリード王子:井澤駿(4月30日、5月3日13:00)、福岡雄大(5月3日18:00、5月6日)、渡邊峻郁(5月4日)、奥村康祐(5月5日)

ステージナタリーをフォロー