森新太郎演出「管理人」開幕、“ピンターポーズ”を溝端・忍成・温水が多彩に表現

86

森新太郎が演出を手がける「管理人」が本日11月26日に開幕した。

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から温水洋一、溝端淳平、忍成修吾。(撮影:細野晋司)

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から温水洋一、溝端淳平、忍成修吾。(撮影:細野晋司)

大きなサイズで見る(全14件)

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から忍成修吾、溝端淳平、温水洋一。(撮影:細野晋司)

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から忍成修吾、溝端淳平、温水洋一。(撮影:細野晋司)[拡大]

本作は、ノーベル文学賞受賞作家のハロルド・ピンターが1959年に執筆した不条理劇。舞台は、うず高く積まれた書類の山や横倒しになったショッピングカート、古いトランクや乳母車などさまざまな生活用品が乱雑に詰め込まれ、染み付いた壁紙が剥がれかけている、廃屋のような部屋。そこへ、古ぼけてはいるがきちんとした身なりの青年アストン(忍成修吾)と、脚を引きずる宿無し老人デーヴィス(温水洋一)がやって来る。

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から温水洋一、溝端淳平。(撮影:細野晋司)

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から温水洋一、溝端淳平。(撮影:細野晋司)[拡大]

2人の会話から、そこがアストンの部屋であること、デーヴィスは働いていた食堂をクビになったばかりだということ、そしてアストンの厚意でデーヴィスはその部屋へ連れて来てもらったことなどがわかる。自らの状況を恨み、二言目には「シッドカップに行って身分証明書さえ手に入れば」とまくし立てるデーヴィスと、黙々と小さなプラグを修理しながら、庭に物置を作る計画をにこやかに語るアストン。2人の会話はまったく噛み合っていないが、ひょんなことからデーヴィスはアストンの部屋に居候することになる。

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から温水洋一、溝端淳平。(撮影:細野晋司)

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から温水洋一、溝端淳平。(撮影:細野晋司)[拡大]

翌朝、その部屋にアストンの弟・ミック(溝端淳平)が現れる。この家の所有者だと言うミックは、デーヴィスを最初は不審者扱いするが、次第にデーヴィスに、この家をリフォームする壮大な夢を語り始める。そして兄弟はそれぞれ別に、デーヴィスにこの家の管理人にならないかと持ちかけ……。

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から温水洋一、忍成修吾。(撮影:細野晋司)

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から温水洋一、忍成修吾。(撮影:細野晋司)[拡大]

“ピンターポーズ”と呼ばれる、ピンター作品特有の“間”が印象的な本作。森は、その“間”により、あるときは笑いを、またあるときは鋭い緊迫感を生み出し、作品の可能性を豊かに広げる。また、溝端は社会的な立場があり力強い話ぶりのミックを、愛嬌を交えつつ堂々と演じ、忍成は自らのペースで言葉を紡ぐアストンを、内面に穏やかさと闇を秘めた不思議な存在として表現。そんな兄弟の狭間で追い詰められていくデーヴィスを、温水は人間味ある憎めない存在として体現した。

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から温水洋一、忍成修吾。(撮影:細野晋司)

世田谷パブリックシアター「管理人」より。左から温水洋一、忍成修吾。(撮影:細野晋司)[拡大]

さらに彼ら3人の他愛ない、それでいて切実なやりとりを描いた徐賀世子のシャープな新訳、森が掲げた“ガラクタ”というキーワードを見事に具現化した香坂奈奈の舞台美術が、本作の不可思議な魅力をさらに押し広げる。公演は12月17日まで東京・シアタートラム、12月26・27日に兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて。

この記事の画像(全14件)

「管理人」

2017年11月26日(日)~12月17日(日)
東京都 シアタートラム

2017年12月26日(火)・27日(水)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

作:ハロルド・ピンター
翻訳:徐賀世子
演出:森新太郎
出演:溝端淳平忍成修吾温水洋一

全文を表示

関連記事

溝端淳平のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 溝端淳平 / 忍成修吾 / 温水洋一 / 森新太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします