ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

窪塚洋介「舞台は全身全霊ぶつけられる場所」、ライブシネマ「怪獣の教え」開幕

431

「怪獣の教え」ゲネプロより。

「怪獣の教え」ゲネプロより。

「怪獣の教え」が、本日9月21日に東京・Zeppブルーシアター六本木にて開幕。公演に先がけてゲネプロが公開され、出演者の窪塚洋介渋川清彦太田莉菜、演出を担当する豊田利晃が囲み取材に応じた。

「怪獣の教え」は、映画「青い春」「空中庭園」などの監督として知られる豊田が演出・脚本・映像を手がけ、中村達也、ヤマジカズヒデ、青木ケイタからなるユニット・TWIN TAILが音楽を担当した舞台作品。2015年11月に神奈川・横浜赤レンガ倉庫で上演され、今回、場所を移して再演される運びとなった。

演劇・音楽・映像を融合させた表現方法で“ライブシネマ”と銘打たれた本作の見どころについて、豊田は「稽古して完成させたものを本番で見せるのではなく、役者、映像、音楽、音響、すべてが本番でないと完成できない。セッションのようで、スリルもある。そこを楽しんでもらいたい」と呼びかける。国家の秘密を暴露し政府から追われる男・天作を演じる窪塚は、再演にあたり「天作の独白の場面が増えたので、そこも楽しんでやっています」と解説。そして「新しい発見をしながらセッションを楽しんでいます。『今日はこう来たか 』『このセリフわざと言わないでみようかな?』とか。毎公演違うものになるはず」と本作ならではの楽しさを語った。

島育ちのサーファー・大観役の渋川も同様に楽しんでいるようで、窪塚の隣で「右に同じく!」と笑顔。“怪獣の教え”の秘密を知る女・クッキーに扮する太田は「毎回何が起きるかわからないという緊張感があります」と打ち明けながらも、「(前回より)会場が大きくなったことで、恐怖というより気持ちのいい空間が増えた感覚です」と前向きに話した。

旅行で訪れた小笠原諸島に魅せられ、初の舞台作品を手がけることとなった豊田。映画との違いを聞かれると、「映画はワンカットワンカット撮っていけるけれど、舞台は始まったら役者に預けることになる。みんなでセッションする感覚は舞台のほうが強いので、それはそれでとても楽しんでいます」とコメント。そんな豊田に、窪塚は「僕にこのセリフや役をくれた人。小笠原で物語を拾って、膨らませ、そして東京の地で天作を演じるチャンスを与えてくれた。自分自身と差が無いと言うと語弊がありますが、天作は自分そのものと思ってやれる役。感謝しています」と伝える。

また、窪塚も豊田と同じく映像の世界を中心に活躍してきたが、「生意気なことを言いますけど、役者として自分の力を最大限に発揮できる場所は舞台だと思うんです。編集がきかなくて、みんな同じ板の上に立って、例えば海外の俳優が来ても同じ土俵で勝負できるフェアな場所。全身全霊ぶつけられるし、懸けられますね」と舞台への熱い思いを口にした。

ゲネプロは、前回の公演と同じくディジュリドゥ奏者・GOMAによる演奏からスタート。ステージ後方のスクリーンには小笠原の海など豊田が手がける映像が映し出され、その前で3人が芝居を展開していく。ストーリーが進むにつれてバンドのボルテージも上がっていき、生演奏ならではの圧倒的な音圧で会場を包み込む場面も随所で訪れ、舞台を“体感”することができる。

「怪獣の教え」の公演は9月25日まで。

関連する特集記事

舞台「怪獣の教え」特集 豊田利晃×中村達也×太田莉菜インタビューPR

「怪獣の教え」

2016年9月21日(水)~25日(日)
東京都 Zeppブルーシアター六本木

演出・脚本・映像:豊田利晃
出演:窪塚洋介渋川清彦太田莉菜
音楽:TWIN TAIL(中村達也、ヤマジカズヒデ、青木ケイタ) / GOMA

ステージナタリーをフォロー