ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「逆転検事」和田琢磨がクールに解決「『逆転裁判』シリーズ盛り上げたい」

520

和田琢磨演じる御剣怜侍(中央)。

和田琢磨演じる御剣怜侍(中央)。

舞台「逆転検事~逆転のテレポーテーション~」が、本日7月15日に東京・六行会ホールにて開幕する。公演に先がけ、ゲネプロと初日挨拶が行われた。

本作は「逆転裁判」シリーズのスピンオフとなる推理アドベンチャーゲームが原作。ゲーム「逆転検事2」に収録予定だった幻のエピソードをベースとして、舞台のためにリニューアルされたストーリーが展開される。また舞台オリジナルキャラクターとして、富田翔演じる飛鳥井友郎と長江崚行演じる小鳥遊マモルも登場。

ゲネプロの冒頭では、磯貝龍虎演じる糸鋸圭介と久下恵美演じる大場カオルによるコミカルな前説が。和やかなムードも束の間、とある村で殺人事件が起こり、和田琢磨演じる主人公の検事・御剣怜侍が出動。御剣は奥仲麻琴演じる一条美雲や神沢有紗演じる宝月茜らとともに事件を解決に導いていく。

また林明寛演じる御剣の幼馴染・矢張政志が御剣との思い出を吐露するシーンなど、それぞれの登場人物たちの関係性が細やかに描かれる場面にも注目したい。そして場面転換では寺山武志演じる地上弥一郎をはじめとするキャスト陣がキャラクターの特徴をとらえた華麗なダンスを披露した。

初日挨拶には和田、奥仲、磯貝、林、神沢、長江、富田の7名が登壇。主演を務める和田は「『逆転裁判』の初演が2013年に上演されて以来(再演を含めて)今回がシリーズ5作目になります」とこれまでの過去作を振り返りながら、「最新作にふさわしい作品になったと確信しています。アニメ、舞台版とさまざまな方面から『逆転裁判』という作品を盛り上げていけるように、僕らもチーム一丸となってがんばります」と意気込んだ。

これまでのシリーズにも出演してきた磯貝は「『逆転裁判』シリーズのレギュラーメンバーに加えて新メンバーも出るということでワクワクしています」と笑顔を見せる。また林は「今回は裁判がないということで、いつもとちょっと違う感じでかき乱していけたらいいなと。『逆転裁判』とは違う展開をお楽しみに」と観客にメッセージを送った。

自らを「根暗なので……」と評する奥仲は、「今回は根暗を脱出して元気な美雲を演じられるようがんばります!」とコメント。神沢は「宝月茜は舞台版で初登場のキャラクター。舞台版でも原作の茜のように輝きたいです」と抱負を述べた。

富田は「爆竜戦隊アバレンジャー」でアバレブルーを演じたことをふまえ、「僕は昔地球を守っていたことがあるのですが(笑)、その経験を生かして御剣と戦います! 応援よろしくお願いします」とおどけた表情で語る。飛鳥井の生徒役として出演する長江は「『逆転裁判』シリーズに携われて幸せです。富田さんとの掛け合いで、先生と生徒の信頼関係をうまく伝えられたら」と、緊張を覗かせながらもうれしそうにコメントした。公演は7月24日まで。

舞台「逆転検事~逆転のテレポーテーション~」

2016年7月15日(金)~24日(日)
東京都 六行会ホール

出演:和田琢磨奥仲麻琴磯貝龍虎林明寛久下恵美、寺山武志、長江崚行、葉山昴、神沢有紗、かなで、下村彩、大崎聖奈、岡本笙、阪田愛実、鈴木拓海 / 柏進 / 富田翔

(c)CAPCOM / ADK Arts

ステージナタリーをフォロー