BTSや藤井風が「Yahoo!検索大賞」ミュージシャン部門ランクイン、アイドル部門1位はBE:FIRST

12

4131

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 1030 3061
  • 40 シェア

ヤフーが「Yahoo!検索大賞2021」の大賞とパーソンカテゴリー8部門を発表。ミュージシャン部門1位にBTS、アイドル部門1位にBE:FIRSTが輝いた。

「Yahoo!検索大賞2021」告知画像

「Yahoo!検索大賞2021」告知画像

大きなサイズで見る

「Yahoo!検索大賞」は集計期間内の1日あたりの平均検索数が前年と比べ、もっとも増えた人物、作品をランキング形式で発表するもの。BTSは「Butter」「Permission to Dance」のリリースに加えて、オンラインライブや多数のテレビ番組出演なども話題になり、年間を通して検索された。今年オーディション番組「THE FIRST」から生まれたBE:FIRSTは、番組最終回でメンバーとグループ名が発表されたのち、プレデビュー曲「Shining One」のリリースなどで話題になり、検索数を上げた。

ミュージシャン部門の2位は藤井風、3位は優里、アイドル部門の2位は櫻坂46、3位はENHYPEN。Yahoo!検索で「検索大賞」と検索すると、各部門のランキングを検索結果上部で10位まで確認できる。

「Yahoo!検索大賞2021」

ミュージシャン部門

1位:BTS(防弾少年団)
急上昇理由:シングル「Butter」や「Permission to Dance」が米ビルボードで1位を獲得。また、オンラインライブストリーミングや多数のテレビ番組出演なども話題になり、年間を通して検索されました。

2位:藤井風
急上昇理由:シングル「旅路」や「きらり」、アルバム「HELP EVER HURT COVER」などをリリース。無観客生配信ライブの開催や、テレビ番組「報道ステーション」への出演なども話題になり検索数が上昇しました。

3位:優里
急上昇理由:シングル「シャッター」や「夏音」などをリリース。また、テレビ番組「ミュージックステーション」や「2021 FNS歌謡祭 夏」などへの出演も話題になり検索数が上昇しました。

アイドル部門

1位:BE:FIRST
急上昇理由:オーディション番組「THE FIRST」で選ばれた7人組のボーイズグループ。番組最終回でメンバーとグループ名が発表され、その後、プレデビュー曲「Shining One」のリリースなどで話題になり検索数が上昇しました。

2位:櫻坂46
急上昇理由:1月に新体制を発表。シングル「BAN」や「流れ弾」をリリースし、多数のテレビ・ラジオ番組への出演などで活躍。また、松平璃子さん、守屋茜さん、渡辺梨加さんの卒業発表などもあり検索数が上昇しました。

3位:ENHYPEN
急上昇理由:シングル「BORDER : 儚い」などをリリース。また、テレビ番組「CDTVライブ!ライブ!」や「ミュージックステーション」などへの出演も話題になり検索数が上昇しました。

全文を表示

読者の反応

抹茶 @green_tea_milk

BTSや藤井風が「Yahoo!検索大賞」ミュージシャン部門ランクイン、アイドル部門1位はBE:FIRST https://t.co/45UBvxpYZd

コメントを読む(12件)

BTSのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BTS / BE:FIRST / 藤井風 / 優里 / 櫻坂46 / ENHYPEN の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。