映画「あの頃。」松浦亜弥を演じるのはBEYOOOOONDS山崎夢羽、劇伴は長谷川白紙が担当

1805

山崎夢羽(BEYOOOOONDS)が2021年2月に公開される映画「あの頃。」で松浦亜弥を演じることが発表された。

山崎夢羽(BEYOOOOONDS)

山崎夢羽(BEYOOOOONDS)

大きなサイズで見る(全2件)

「あの頃。」は劔樹人あらかじめ決められた恋人たちへ)のコミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」を映画化した作品。大学院受験に失敗し、バンド活動もうまくいかずどん底の生活を送っていた劔がハロー!プロジェクトのアイドルにハマり、仲間たちと青春の日々を謳歌する様子が描かれる。主人公・劔を松坂桃李が演じ、監督を今泉力哉、脚本を冨永昌敬が担当する。

山崎が演じるあややは、劔がハロプロにハマるきっかけとなった存在。山崎は「松浦亜弥さんは、歌もダンスもトークもひとりですべて完璧な方という印象で、”本物のアイドル”だなと思います」とあややの印象を語りつつ、「こんなに嬉しいなということはないです」と心境を明かしている。また彼女は自身の演技について「どうやって松浦さんを表現したらいいのかが難しかったです。でも、応援してくださっている方に雰囲気が松浦さんに似ているねと仰っていただくことがあったので、このまま頑張ろうという気持ちで取り組みました」とコメントしている。

長谷川白紙

長谷川白紙[拡大]

さらに「あの頃。」の劇中の音楽を長谷川白紙が担当することも発表された。長谷川が映画の劇伴を担当するのは初めてで、「この映画の台本を初めて読ませていただいた瞬間が今でも強く記憶に残っています。わたしはそこから、偶像を媒介した時間に込められた、底抜けに楽しくてそして虚しい狂騒を感じたのです」と作品について語っている。

この記事の画像(全2件)

山崎夢羽(BEYOOOOONDS) コメント

松浦亜弥さんは、歌もダンスもトークもひとりですべて完璧な方という印象で、”本物のアイドル”だなと思います。歌の勉強をする時には、いつも松浦さんの曲を聴いて、こんな風にやってみようと研究しています。今回、松浦さんを演じることになり、こんなに嬉しいなということはないです。歌って踊るシーンではなかったので、どうやって松浦さんを表現したらいいのかが難しかったです。でも、応援してくださっている方に雰囲気が松浦さんに似ているねと仰っていただくことがあったので、このまま頑張ろうという気持ちで取り組みました。精一杯出来たと思います!

長谷川白紙 コメント

この映画の台本を初めて読ませていただいた瞬間が今でも強く記憶に残っています。わたしはそこから、偶像を媒介した時間に込められた、底抜けに楽しくてそして虚しい狂騒を感じたのです。とても狭い世界の中ですべてを笑い飛ばして何もかも無効化してしまう、そういった本来は秘匿されているようなくるった規範を公の場に楽しく差し出すことのお手伝いができたと感じています。この大役を任せてくださり、ありがとうございました…!

※山崎夢羽の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

全文を表示

関連記事

BEYOOOOONDSのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BEYOOOOONDS / 長谷川白紙 / 松浦亜弥 / 劔樹人 / あらかじめ決められた恋人たちへ / 松坂桃李 / 今泉力哉 / 冨永昌敬 / あの頃。 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。