夏生奈苗、ロカビリー&昭和歌謡な新曲をアナログで

37

夏生奈苗が7月29日に新作7inchアナログ「夢見なトリッパー」をリリースする。

夏生奈苗

夏生奈苗

大きなサイズで見る(全2件)

夢見なトリッパー

夏生奈苗「夢見なトリッパー」
Amazon.co.jp

夏生は2018年デビューのサックスプレイヤー兼シンガー。表題曲「夢見なトリッパー」は、ロカビリーと昭和歌謡のテイストを併せ持った楽曲で、村田陽一率いるバンドメンバーのホーンが全面に出たゴージャスな仕上がりに。B面には80年代を彷彿とさせる和製ロックナンバー「雲に消えたカペラ」が収録される。2曲とも作詞は夏生、作曲とプロデュースは黒崎ジョンが担当している。

この記事の画像(全2件)

夏生奈苗「夢見なトリッパー」収録曲

SIDE A

01. 夢見なトリッパー
[作詞:夏生奈苗 / 作曲:黒崎ジョン]

SIDE B

01. 雲に消えたカペラ
[作詞:夏生奈苗 / 作曲:黒崎ジョン]

全文を表示

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。