田中圭「ヒノマルソウル」チームのサプライズに感涙、土屋太鳳は「圭さんこそ神様」

6

2185

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 478 1698
  • 9 シェア

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」の公開を記念した舞台挨拶が本日6月19日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われキャストの田中圭土屋太鳳山田裕貴眞栄田郷敦小坂菜緒日向坂46)、監督の飯塚健が登壇した。

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」公開記念舞台挨拶の様子。

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」公開記念舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全28件)

本作は1998年の長野オリンピックで、日本が金メダルに輝いたスキージャンプ団体戦を題材にした物語。栄光を支えた25人のテストジャンパーたちの知られざるエピソードが実話にもとづいて描かれる。

田中圭

田中圭[拡大]

本作は1年の公開延期を経て、6月18日に封切られた。田中は「よかった~!です。三度目があるんじゃないかとずっと思っていたから」「今は寂しい9割、うれしい1割くらい。公開が2回飛んでバタバタの中、こんなに超多忙な人たちが集まってくれたことにウルっときちゃいます」「ほんとは2時間しゃべりたい」と率直な心境を明かす。

土屋太鳳

土屋太鳳[拡大]

左から土屋太鳳、田中圭。

左から土屋太鳳、田中圭。[拡大]

田中と共演経験の多い土屋は「圭さんは周りの人を『神様みたい』とおっしゃるけど、圭さんこそ神様です」と目に涙を浮かべて語り、山田も「めちゃくちゃ愛される人。人も作品もすごく愛してくれる」とその人柄を絶賛する。彼らの言葉に田中は「ちょっと待って、なんで両隣からこんなに褒められてるんですか? ……みんなに俺のちっちゃい人形をプレゼントしますわ」と困り笑いをした。

山田裕貴

山田裕貴[拡大]

舞台挨拶では、実在のテストジャンパーたちからの感謝のメッセージ映像が上映される場面も。山田は「やっと思いを届けられるのがうれしい」と、眞栄田は「皆さんにたくさん支えていただきました。この作品に参加できて本当によかった」と涙する。小坂は「(自身が演じたキャラクターのモデルの)吉泉賀子さんが現場で当時のお話をしてくださったことを思い出して、泣いちゃいそうになりました」としみじみと話した。

サプライズに驚く田中圭。

サプライズに驚く田中圭。[拡大]

「カオスですよね」と言いつつ泣く山田裕貴(右)を見て笑う田中圭(左)。

「カオスですよね」と言いつつ泣く山田裕貴(右)を見て笑う田中圭(左)。[拡大]

続いて座長を務めた田中へ、キャストや関係者からの寄せ書き入りフラッグがプレゼントされた。このサプライズに田中は感激のあまり言葉を詰まらせ、隣で見ていた山田は「すいません、俺が泣くとカオスですよね」と謝りつつ大粒の涙をこぼす。コメントを求められた田中は「ちょっと待って、無理だよ~!」と目を潤ませながらも「みんなからお疲れ様と言ってもらえたみたい。こんなサプライズがあるとは」と喜びを表現した。

田中圭

田中圭[拡大]

フラッグを背負って退場する田中圭。

フラッグを背負って退場する田中圭。[拡大]

最後に田中は「かつて、登壇している人たちがそれぞれ違うタイミングで泣く舞台挨拶があったでしょうか」と笑い、「この作品でできたご縁は、切らさなければずっと続く。“気持ち”のスタートラインを皆さんと共有できたことが幸せでした。エンタメをもっと盛り上げていかなければと思っています」と挨拶してイベントを締めくくった。

この記事の画像・動画(全28件)

(c)2021映画「ヒノマルソウル」製作委員会

読者の反応

  • 6

かせつりきち @kasetsuriman

田中圭「ヒノマルソウル」チームのサプライズに感涙、土屋太鳳は「圭さんこそ神様」(写真27枚)#太鳳ちゃん https://t.co/fEvc9kYtjC

コメントを読む(6件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

田中圭のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~ / 田中圭 / 土屋太鳳 / 山田裕貴 / 眞栄田郷敦 / 小坂菜緒 / 日向坂46 / 飯塚健 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。