エリア・スレイマン新作「天国にちがいない」を荻上直子、深田晃司、山下敦弘ら絶賛

51

エリア・スレイマン監督作「天国にちがいない」に寄せ、映画監督の荻上直子深田晃司山下敦弘ら著名人からコメントが到着した。

「天国にちがいない」

「天国にちがいない」

大きなサイズで見る(全14件)

「天国にちがいない」

「天国にちがいない」[拡大]

第72回カンヌ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞に輝き、スレイマンがスペシャルメンションを受賞した本作。新作映画の企画を売り込むため、故郷のイスラエル・ナザレから仏パリ、米ニューヨークへと旅に出る映画監督をスレイマン本人が演じた。

「天国にちがいない」

「天国にちがいない」[拡大]

荻上は「パレスチナ人としての複雑なイタミを独特なユーモアに包んで提示している。だから余計に、彼の無言が切なく刺さる」とコメントし、深田は「スレイマンと旅する世界は白々しいほど美しくユーモラスで残酷」と表現。山下は「まだまだ映画は面白いと思わせてくれる必見の映画」とつづった。そのほか小堺一機松尾貴史、医師で作家の鎌田實、作家の池澤夏樹、東京フィルメックスのディレクター・市山尚三も感想を寄せた。

「天国にちがいない」は1月29日に東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で公開。

荻上直子 コメント

パレスチナ人としての複雑なイタミを独特なユーモアに包んで提示している。だから余計に、彼の無言が切なく刺さる。

小堺一機

余白が活字より饒舌な詩集の様!
絵と音に心を委ね浮遊感を楽しむ、幸福な102分!

深田晃司 コメント

スレイマンと旅する世界は白々しいほど美しくユーモラスで残酷。小鳥が必見! 完全にスレイマン世界の住人になりきっていてビビるしかない。徴は至るところに。

鎌田實(医師・作家)コメント

凝縮された言葉。映画は映像が勝負と言わんばかり。
こんなパレスチナ映画、みたことない!
故郷、国家、平和、世界、命…、大切にしようと思った。

松尾貴史 コメント

ポーカーフェイスではない、内心の動きが手に取るようにわかる雄弁なスレイマンの無表情は、罪作りなおかしみで笑いを誘ってくる。

池澤夏樹(作家)コメント

映像のコントをたくさん積み上げる。
その向こうに見えないパレスチナが幻視される。

山下敦弘 コメント

今までエリア・スレイマンの作品を知らなくて損した気分になりました。まだまだ映画は面白いと思わせてくれる必見の映画。

市山尚三(東京フィルメックス ディレクター)コメント

観客を途轍もない幸福感に導きつつ、パレスチナ問題についての鋭い批評を投げかける。現代映画の最高峰に位置する傑作だ。

この記事の画像・動画(全14件)

関連記事

エリア・スレイマンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 RECTANGLE PRODUCTIONS – PALLAS FILM – POSSIBLES MEDIA II – ZEYNO FILM – ZDF – TURKISH RADIO TELEVISION CORPORATION

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 天国にちがいない / エリア・スレイマン / 荻上直子 / 深田晃司 / 山下敦弘 / 小堺一機 / 松尾貴史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。