ポン・ジュノが「すばらしき世界」に贈ったロングレター公開「すべてが輝いている」

439

すばらしき世界」を鑑賞した映画監督ポン・ジュノからのロングレターが公開された。

「すばらしき世界」

「すばらしき世界」

大きなサイズで見る(全17件)

「すばらしき世界」ポスタービジュアル

「すばらしき世界」ポスタービジュアル[拡大]

佐木隆三の小説「身分帳」をもとに、西川美和が監督した本作。人生の大半を獄中で暮らした実在の男性をモデルに、出所後に戻った社会で必死に生きる男の姿を描き出す。13年の刑期を終えて出所した元殺人犯・三上正夫を役所広司が演じ、彼にすり寄る若手テレビディレクター・津乃田役で仲野太賀、やり手テレビプロデューサーの吉澤役で長澤まさみが出演した。

アカデミー賞作品賞を受賞した「パラサイト 半地下の家族」で知られるポン・ジュノ。先日YouTubeで解禁された「すばらしき世界」の予告編には彼の感想の一部が使用されていたが、このたびその全文が到着した。

「すばらしき世界」

「すばらしき世界」[拡大]

ポン・ジュノは「表情や目つき、わずかな手の動きや仕草で主人公の人生の履歴を余すところなく表現してしまう役所広司の驚くべき説得力にあらためて感服した」と役所を絶賛。「世俗的な人間の不安定な人物像を見事に演じた仲野太賀、長澤まさみ。そして、三上を応援しながら助ける小市民の温かい姿を見せてくれた助演俳優たち。俳優たちの調和のとれたアンサンブルを作り上げた監督の思慮深い演出…すべてが輝いている」と、脇を固めるキャストと西川への惜しみない賛辞もつづっている。全文は以下に掲載した。

「すばらしき世界」は2月11日より全国ロードショー。

ポン・ジュノ コメント全文

常に人間の心の奥底までレンズを向ける西川美和監督と、
長年にわたって数多くの異なる魂を表現してきた名優・役所広司の出会いは、
それだけですでに観る者の心をときめかせる。

果たして、
映画が始まってものの数分で、

私たちは役所広司という俳優ではない、
不遇な生い立ちを背負った一匹狼の元やくざ、三上という生々しい生き物を目にすることになる。

表情や目つき、わずかな手の動きや仕草で
主人公の人生の履歴を余すところなく表現してしまう
役所広司の驚くべき説得力にあらためて感服した。

更生と救いに至る険しい道のり。
互いに衝突する個人の本性と社会の束縛。
この不滅の主題の中心に向かって歩を進め、探求を深めていく西川監督の力強い足取り。
その歩幅は広く、果敢だ。

さらに驚くべきは、
主人公を見つめる、冷静でありながら、同時に人間的な眼差しである。

監督と映画は決して三上という人物を正当化、または弁明しようとしない。
その冷静さの中にありながらも、同時に私たちには三上への強烈な憐憫の情が湧いてくる。

なぜそんなことが可能になるのか? 私には知り得ない。
ひとえにこの映画の不可解な魅力だと言うよりほかないだろう…

とにかく私たちはその過程で、アジアの大俳優・役所広司がある若い男の脇腹を食いちぎりながら
爛々と目を輝かせる、奇異な名場面も目撃することになる。

常に繊細ながらも卓越した西川監督の映画的な息づかいに
佐木隆三原作のエネルギーと笠松則通撮影監督のタッチが加わり、
さらに生き生きとした映画的な迫力とニュアンスを湛えた作品が完成した。

世俗的な人間の不安定な人物像を見事に演じた仲野太賀、長澤まさみ。
そして、三上を応援しながら助ける小市民の温かい姿を見せてくれた助演俳優たち。
俳優たちの調和のとれたアンサンブルを作り上げた監督の思慮深い演出…すべてが輝いている。

特筆すべきことは、
このすべての映画的な結実を積み重ね、監督がさらにもう一歩踏み出しているところだ。

ついに三上が社会の一員として適応していく心温まる後半部を迎えたとき…
監督はあらためて問う。はたして私たちが生きるこの世界が適応すべき価値のある場所なのか?と。

ネタバレを避けるため、ここで筆を置かなければならないが、
とにかく、実に深く、遠くまで進んだ映画だ。

西川監督と製作陣の皆さまに尊敬と感謝の気持ちを送ります。

この記事の画像・動画(全17件)

関連記事

西川美和のほかの記事

リンク

関連商品

(c)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 すばらしき世界 / 西川美和 / 役所広司 / 仲野太賀 / 長澤まさみ / ポン・ジュノ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。