木村昴が「ソウルフル・ワールド」出演、エンドソングでご機嫌にラップ

1

138

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 34 102
  • 2 シェア

ディズニー&ピクサーの新作「ソウルフル・ワールド」日本語吹替版に、声優・ラッパーの木村昴が出演していることがわかった。

木村昴

木村昴

大きなサイズで見る(全8件)

「ソウルフル・ワールド」ポスタービジュアル

「ソウルフル・ワールド」ポスタービジュアル[拡大]

人間が生まれる前に性格や才能、個性、興味の対象を決める場所“魂<ソウル>の世界”を舞台とした本作。ジャズミュージシャンを夢見る音楽教師ジョーがソウルの世界に迷い込み、何百年もソウルの世界にとどまっている“22番”と冒険を繰り広げるさまが描かれる。

木村はジョー行きつけの理髪店を訪れた客・ポールに声を当て、エンドソングのラップ曲「ラッピン・セド」も担当する。この楽曲はジョーが学生時代に組んでいたラップグループで作った思い出深い楽曲で、日本語訳は木村が手がけた。

木村は「日本語訳するのは手探りではあったのですが、ちゃんと皆さんに納得して楽しんでもらえるように、英語のニュアンスを日本語にしても伝えられるよう言葉選びとリズムにこだわりました」と訳詞に込めた思いを明かす。そして「ジョーが学生時代に楽しみながらラップをやっていたというエピソードがあったので、 仲間といっしょにやっていて楽しくてしょうがないという“ご機嫌さ”を意識しましたので、ぜひ注目してほしいです」とメッセージを送った。

ピート・ドクターケンプ・パワーズが監督を務めた「ソウルフル・ワールド」は、12月25日17時よりディズニープラスで独占配信。日本語吹替版では浜野謙太がジョー、川栄李奈が“22番”に声を当て、瑛人がストリートミュージシャン役でカメオ出演している。

この記事の画像・動画(全8件)

(c)2020 Disney/Pixar. (c)2020 Disney and its related entities

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

木村昴が「ソウルフル・ワールド」出演、エンドソングでご機嫌にラップ(コメントあり)
https://t.co/MlEKluGsxt

#ソウルフルワールド #木村昴 https://t.co/1wf6UZZcgh

コメントを読む(1件)

関連記事

木村昴のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ソウルフル・ワールド / 木村昴 / ピート・ドクター / ケンプ・パワーズ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。