世界の批評家が選んだ2020年ベスト映画はクロエ・ジャオの「ノマドランド」

160

世界中の批評家が選んだ2020年のベスト映画、ベストパフォーマンスがIndieWireにて発表された。

「ノマドランド」 (c)2020 20th Century Studios. All rights reserved.

「ノマドランド」 (c)2020 20th Century Studios. All rights reserved.

大きなサイズで見る(全8件)

ベスト映画とベスト撮影の1位は「ノマドランド」。監督のクロエ・ジャオはベスト監督の1位、主演を務めたフランシス・マクドーマンドはベストパフォーマンスの2位にランクインした。なお同作はヴェネツィア国際映画祭とトロント国際映画祭の最高賞を受賞している。

「もう終わりにしよう。」 (c)Mary Cybulski / NETFLIX

「もう終わりにしよう。」 (c)Mary Cybulski / NETFLIX[拡大]

「ザ・ファイブ・ブラッズ」 (c)David Lee / Netflix

「ザ・ファイブ・ブラッズ」 (c)David Lee / Netflix[拡大]

また、チャーリー・カウフマンが監督を務めジェシー・バックリーが主演した「もう終わりにしよう。」はベスト映画、ベスト監督、ベストパフォーマンス、ベスト撮影、ベスト脚本と最多5部門でランクイン。スパイク・リーの「ザ・ファイブ・ブラッズ」も3部門で選ばれた。

「サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~」

「サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~」[拡大]

「マ・レイニーのブラックボトム」 (c)David Lee / Netflix

「マ・レイニーのブラックボトム」 (c)David Lee / Netflix[拡大]

俳優部門であるベストパフォーマンスでは、「サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~」で主演を務めたリズ・アーメッドが1位に。今年死去したチャドウィック・ボーズマンも「マ・レイニーのブラックボトム」での演技を評価され3位に入っている。

「Mank/マンク」 (c)NETFLIX

「Mank/マンク」 (c)NETFLIX[拡大]

「ディック・ジョンソンの死」

「ディック・ジョンソンの死」[拡大]

「バクラウ 地図から消された村」 (c)2019 CINEMASCOPIO - SBS PRODUCTIONS - ARTE FRANCE CINEMA

「バクラウ 地図から消された村」 (c)2019 CINEMASCOPIO - SBS PRODUCTIONS - ARTE FRANCE CINEMA[拡大]

デヴィッド・フィンチャー監督、ゲイリー・オールドマン主演作「Mank/マンク」はベスト監督など4部門にランクイン。ベストドキュメンタリーの1位は「ディック・ジョンソンの死」、ベスト国際映画の1位は「バクラウ 地図から消された村」となった。

そのほかの結果は以下の通り。

この記事の画像(全8件)

世界の批評家が選んだ2020年ベスト映画、ベストパフォーマンス

ベスト映画

01. 「ノマドランド
02. 「Never Rarely Sometimes Always(原題)」
03. 「First Cow(原題)」
04. 「Lovers Rock(原題)」※ドラマ「Small Axe(原題)」の1エピソード
05. 「もう終わりにしよう。」
06. 「Beanpole(英題)」
07. 「タイム」
08. 「ザ・ファイブ・ブラッズ」
09. 「マーティン・エデン
10. 「バクラウ 地図から消された村

ベスト監督

01. クロエ・ジャオ「ノマドランド」
02. スティーヴ・マックィーン「Lovers Rock」
03. エリザ・ヒットマン「Never Rarely Sometimes Always」
04. ケリー・ライカート「First Cow」
05. デヴィッド・フィンチャーMank/マンク
06. スパイク・リー「ザ・ファイブ・ブラッズ」
07. チャーリー・カウフマン「もう終わりにしよう。」
08. ピエトロ・マルチェッロ「マーティン・エデン」
09. カンテミール・バラゴフ「Beanpole」
10. リー・アイザック・チョン「Minari(原題)」

ベストパフォーマンス

01. リズ・アーメッドサウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~
02. フランシス・マクドーマンド「ノマドランド」
03. チャドウィック・ボーズマン「マ・レイニーのブラックボトム」
04. デルロイ・リンドー「ザ・ファイブ・ブラッズ」
05. マリア・バカロヴァ「続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画」
06. ジェシー・バックリー「もう終わりにしよう。」
07. ルカ・マリネッリ「マーティン・エデン」
08. ゲイリー・オールドマン「Mank/マンク」
09. キャリー・クーン「The Nest(原題)」
10. マッツ・ミケルセン「Another Round(英題)」

ベストドキュメンタリー

01. 「ディック・ジョンソンの死」
02. 「タイム」
03. 「Collective(英題)」
04. 「City Hall(原題)」
05. 「The Painter and the Thief(原題)」
06. 「Bloody Nose, Empty Pockets(原題)」
07. 「76 Days(原題)」
08. 「監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影」
09. 「老人スパイ」
10. 「Totally Under Control(原題)」

ベスト撮影

01. 「ノマドランド」
02. 「Mank/マンク」
03. 「ヴィタリナ
04. 「Lovers Rock」
05. 「Never Rarely Sometimes Always」
06. 「もう終わりにしよう。」
07. 「First Cow」
08. 「TENET テネット
09. 「Beanpole」
10. 「異端の鳥」「Gunda(原題)」

ベスト脚本

01. 「もう終わりにしよう。」
02. 「First Cow」
03. 「Never Rarely Sometimes Always」
04. 「Promising Young Woman(原題)」
05. 「Mank/マンク」
06. 「Fourteen(原題)」
07. 「Minari」
08. 「シカゴ7裁判
09. 「One Night in Miami(原題)」
10. 「Kajillionaire(原題)」

ベスト国際映画

01. 「バクラウ 地図から消された村」
02. 「Beanpole」
03. 「Another Round」
04. 「ヴィタリナ」
05. 「マーティン・エデン」
06. 「Collective」
07. 「ウルフウォーカー
08. 「ダンサー そして私たちは踊った
09. 「異端の鳥」
10. 「獣の棲む家」

ベスト長編デビュー作

01. 「Promising Young Woman」
02. 「ヴァスト・オブ・ナイト」
03. 「40歳の解釈: ラダの場合」
04. 「One Night in Miami」
05. 「Relic(原題)」
06. 「サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~」
07. 「The Assistant(原題)」
08. 「Ham on Rye(原題)」
09. 「ベイビーティース
10. 「The Climb(原題)」

ベストオープニング

01. 「New Order(英題)」
02. 「私というパズル」
03. 「Beginning(原題)」
04. 「Nine Days(原題)」
05. 「The Killing of Two Lovers(原題)」

(情報提供:IndieWire / VM / ゼータ イメージ)

全文を表示

関連記事

クロエ・ジャオのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ノマドランド / サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~ / Mank/マンク / バクラウ 地図から消された村 / 17歳の瞳に映る世界 / ミナリ / マーティン・エデン / アナザーラウンド / コレクティブ 国家の嘘 / 83歳のやさしいスパイ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。