ふくだももこ&HIKARIがTAMA映画賞で新進監督賞獲得、キャストへの思い語る

183

第12回TAMA映画賞の授賞式が本日11月29日に東京・府中の森芸術劇場 どりーむホールで行われ、最優秀新進監督賞に輝いたふくだももこが登壇した。

ふくだももこ

ふくだももこ

大きなサイズで見る(全2件)

君が世界のはじまり」で、とある大阪の町を舞台に、高校生たちの青春をつづったふくだ。向井康介が執筆した脚本についてふくだは「最高っていう言葉しか出てこなかったです! プロってすごいんだなって思いました」と言い、「映画界、演劇界、音楽界を担っていくであろう若い俳優さんたちとお仕事をさせていただけてよかったです」とほほえむ。続けて出産したばかりであることに触れ、「子供がいる人たちが働きやすい映画業界を作るために、保育部を作りたいんです。監督に子供がいると切実に考えてくれるんじゃないかと思っています」と真摯に語った。

HIKARI

HIKARI[拡大]

出生時に37秒間呼吸が止まっていたことにより、脳性まひとなった女性の成長を描いた「37セカンズ」の監督・HIKARIも同賞を受賞。リモートで参加したHIKARIは「光栄というかびっくりというか! うれしいです」と喜びを伝える。

実際に先天性脳性まひである佳山明が主人公・ユマを演じたことについて、HIKARIは「明ちゃんとはオーディションで出会ったんですが、彼女のか細い声にハートをつかまれました。彼女はすべての状況を素直にキャッチしていく子なんです。そういうところに惹かれました」と明かし、「素晴らしいキャストの方たちに恵まれて、明ちゃんもその中で学び、成長して、輝いていったと思います。皆さんの力でこの作品はできあがりました」と思いを口にする。最後に今後の抱負を問われたHIKARIは「クリエイター、プロデューサーとしても世界が平和になるような作品を手がけていきたいなと思います」と意気込んだ。

映画ナタリーでは、同授賞式の様子を引き続きレポートする。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

HIKARIのほかの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 37セカンズ / 君が世界のはじまり / HIKARI / ふくだももこ / 向井康介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。