「37セカンズ」HIKARIが新藤兼人賞の金賞獲得、銀賞は内山拓也

460

2020年度新藤兼人賞の受賞者が発表され、「37セカンズ」で監督を務めたHIKARIが金賞を獲得した。

「37セカンズ」ポスタービジュアル (c)37Seconds filmpartners

「37セカンズ」ポスタービジュアル (c)37Seconds filmpartners

大きなサイズで見る(全18件)

1996年に設立された新藤兼人賞は、「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」というプロデューサーたちの観点から、将来性のある新人監督を選出する映画賞。「37セカンズ」では出生時に37秒間呼吸が止まっていたことにより、脳性まひとなった女性の成長が描かれている。

「佐々木、イン、マイマイン」ポスタービジュアル (c)「佐々木、イン、マイマイン」

「佐々木、イン、マイマイン」ポスタービジュアル (c)「佐々木、イン、マイマイン」[拡大]

「スパイの妻(劇場版)」メインビジュアル (c)2020 NHK, NEP, Incline, C&I

「スパイの妻(劇場版)」メインビジュアル (c)2020 NHK, NEP, Incline, C&I[拡大]

銀賞には、高校時代に圧倒的な存在感を放っていた同級生・佐々木に思いを馳せる俳優志望の青年を主人公にした「佐々木、イン、マイマイン」の内山拓也が選ばれた。優秀な作品に貢献したプロデューサーや企画者をたたえるプロデューサー賞は「スパイの妻(劇場版)」の岡本英之、高田聡、山本晃久に贈られる。

授賞式は12月4日に東京・如水会館で開催。

2020年度新藤兼人賞 受賞結果

金賞

HIKARI「37セカンズ」

銀賞

内山拓也「佐々木、イン、マイマイン」

プロデューサー賞

岡本英之、高田聡、山本晃久「スパイの妻(劇場版)」

この記事の画像(全18件)

関連記事

HIKARIのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 37セカンズ / 佐々木、イン、マイマイン / スパイの妻(劇場版) / HIKARI / 内山拓也 / 岡本英之 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。