イザベル・ユペールが体調を気遣われ「バカげてる」、主演作の本編映像

42

イザベル・ユペール主演作「ポルトガル、夏の終わり」より、本編映像の一部がYouTubeで公開された。

「ポルトガル、夏の終わり」

「ポルトガル、夏の終わり」

大きなサイズで見る(全13件)

「ポルトガル、夏の終わり」ポスタービジュアル

「ポルトガル、夏の終わり」ポスタービジュアル[拡大]

ユペールが、死期を悟ったヨーロッパを代表する大女優フランキーを演じた本作。ポルトガルの世界遺産の町シントラを舞台に、フランキーがバケーションと称して家族や親友を呼び寄せ、最愛の者たちの人生を少しだけ演出しようともくろむさまが描かれる。

「ポルトガル、夏の終わり」

「ポルトガル、夏の終わり」[拡大]

公開されたのは、フランキーと夫のジミー、そして元夫のミシェルが、ツアーガイドから町の名所の1つである“奇跡を起こす水”について説明を受けるシーン。ミシェルがその場所へ連れて行こうとする意図を察した途端、フランキーが「バカげてる!」と声を荒げる様子や、「2人ともお願い。運命を受け入れる“ふり”をして。この旅のために。今日のために。家族のために」と諭す姿が捉えられた。

ユペールはこの場面について、「心の奥底でフランキーが何より耐えられないと思っているのは、周りの人たちが泣くこと。それが彼女が苦痛から距離を置こうとするもう1つの理由でもある。そして彼女は、逃げ道を見つけようとするどんなにささいな試みをも拒んでいる。逃げ道などないことを知っているから。言い換えると、治療の可能性を考えることの拒否が、彼女の症状の重さを明らかにしているといえるでしょうね」とフランキーの心境を分析している。

アイラ・サックスが監督を務めた「ポルトガル、夏の終わり」は、8月14日より東京のBunkamura ル・シネマほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全13件)

関連記事

イザベル・ユペールのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FURIA (c)2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ポルトガル、夏の終わり / イザベル・ユペール / アイラ・サックス の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。