「台湾巨匠傑作選2020」新たな開催日決定、台湾映画界からエールも

272

台湾映画の特集上映「台湾巨匠傑作選2020」の新たな開催日が、9月19日から11月13日に決定した。

「台湾巨匠傑作選2020」チラシビジュアル

「台湾巨匠傑作選2020」チラシビジュアル

大きなサイズで見る(全18件)

「バナナ・パラダイス」ポスタービジュアル

「バナナ・パラダイス」ポスタービジュアル[拡大]

新型コロナウイルス感染症の影響で4月からの開催を延期していた本特集。台湾ニューシネマの先駆けワン・トンによる「バナナ・パラダイス」の本邦初公開となるデジタルリマスター版など、台湾映画界の巨匠たちによる計33本の作品がラインナップに並んだ。

当初上映予定だったヤン・ヤージャの「GF*BF」のみ、開催が遅れたことで権利が切れウェイ・ダーションの「52Hzのラヴソング」に変更されている。ほかにも権利切れの作品は存在したが、台湾と日本の関係各社の協力により、上映作品の変更は1作品にとどまった。

またコロナ禍における日本の映画館の苦況を知ったワン・ユーリン、「古代ロボットの秘密」の権利元は、作品を無償提供することが明らかに。「父の初七日」「天龍一座がゆく」の監督ワン・ユーリンは「これらの作品の入場料はすべて上映劇場に寄付いたします。ささやかではありますが、ミニシアターの助けになれば幸いです。皆さん、お体に気をつけて、引き続きがんばってください!」と日本のファンにエールを送っている。

「台湾巨匠傑作選2020」は東京・K's cinemaで開催。

ワン・ユーリン コメント

台湾映画およびアジア映画の日本での上映は、ミニシアターに支えられています。「父の初七日」「天龍一座がゆく」の2作品は、9月に開催延期が決定した「台湾巨匠傑作選2020」での上映がもともと決まっていましたが、今般の日本各地のミニシアターが置かれた状況を知り、私たちも同特集上映の大阪、神戸、京都、名古屋での開催に向けて、2作品の無償提供を決めました。これらの作品の入場料はすべて上映劇場に寄付いたします。ささやかではありますが、ミニシアターの助けになれば幸いです。皆さん、お体に気をつけて、引き続きがんばってください!

台湾巨匠傑作選2020

2020年9月19日(土)~11月13日(金)東京都 K's cinema

台湾巨匠傑作選2020 開催記念特別公開

「バナナ・パラダイス」デジタルリマスター版

江口洋子スペシャルセレクト

停車
「盗命師」
「古代ロボットの秘密」
「血観音」
「天龍一座がゆく」
「河豚」

エドワード・ヤン監督作品

「台北ストーリー」
古嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件
ヤンヤン 夏の想い出

ツァイ・ミンリャン監督作品

青春神話
愛情萬歳
河(1997年)
郊遊(ピクニック)

チェン・ユーシュン監督作品

熱帯魚
ラブゴーゴー
祝宴!シェフ

トム・リン監督作品

星空(2011年)
百日告別

ウェイ・ダーション監督作品

「52Hzのラヴソング」

ヤン・ヤージャ監督作品

「血観音」

台湾ニューシネマとは何か

台湾新電影(ニューシネマ)時代

アイデンティティを求めて

「スーパーシチズン 超級大国民」
幸福路のチー
「父の初七日」
天空からの招待状
KANO~1931海の向こうの甲子園~

現代台北模様

「藍色夏恋」
台北暮色
あなたを、想う。
若葉のころ

ミステリー&ホラー

共犯
怪怪怪怪物!
目撃者 闇の中の瞳

※「盗命師」の盗はさんずいに欠が正式表記
※「古嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」の古は牛偏に古が正式表記

この記事の画像(全18件)

関連記事

ワン・トンのほかの記事

リンク