KANO~1931海の向こうの甲子園~

KANO~1931海の向こうの甲子園~

カノイチキュウサンイチウミノムコウノコウシエン

2015年1月24日(土)公開 / 上映時間:185分 / 製作:2014年(台湾) / 配給:ショウゲート

(C)果子電影

解説 日本統治時代に、台湾から甲子園の高校野球大会(当時は中等学校野球大会)に出場した嘉義農林学校野球部の実話を、日台混合キャストで映画化した青春映画。台湾映画史上最大規模の製作費を投じた大作で、台湾では10億円越えという当地では異例の大ヒット。甲子園球場を訪れる台湾からの観光客が急増したほどのブームを巻き起こした感動作だ。

ストーリー 台湾の嘉義農林学校の野球部に、新監督として日本人の近藤兵太郎が赴任。連敗続きの弱小チームだったが、近藤の鬼のようなスパルタ式訓練で野球への情熱と勝利への強い思いが湧き上がる。そして1931年、台湾代表大会で優勝した彼らは甲子園の土を踏む。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:マー・ジーシアン

キャスト

近藤兵太郎:永瀬正敏
近藤兵太郎の妻:坂井真紀
呉明捷:ツァオ・ヨウニン
八田興一:大沢たかお
伊川東吾
チャン・ホンイー
ツォン・ヤンチェン
シエ・チュンシェン
シエ・ジュンジエ

KANO~1931海の向こうの甲子園~の画像