トンコハウス映画祭オンラインで開催、「トイ・ストーリー3」監督のトークも

56

「トンコハウス映画祭」第2弾の開催を支援するためのクラウドファンディングが、Makuakeで本日6月22日にスタートした。

「トンコハウス映画祭 第二回」ビジュアル

「トンコハウス映画祭 第二回」ビジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

「ダム・キーパー」

「ダム・キーパー」[拡大]

ピクサー・アニメーション・スタジオのアートディレクターだった堤大介とロバート・コンドウが立ち上げたアニメーションスタジオ、トンコハウス。世界各地の映画祭で20以上の賞を受賞した「ダム・キーパー」をはじめ多くの作品を手がけている。

左からロバート・コンドウ、堤大介。

左からロバート・コンドウ、堤大介。[拡大]

過去のワークショップの様子。

過去のワークショップの様子。[拡大]

2019年には1400人のサポーターおよび1200万円以上の応援購入総額を集め、東京・新宿で「トンコハウス映画祭」の第1回が実施された。今年は自宅でも楽しめるオンライン型のコンテンツを充実させてバージョンアップ。世界の短編アニメーションを特設サイトで無料公開するほか、オンラインワークショップ、「トイ・ストーリー3」の監督リー・アンクリッチを迎えるスペシャルトークライブ、ライブデモンストレーションなど、映画祭を楽しむリターンが用意される。目標金額300万円を達成した場合、応援購入総額に応じてイベントのプログラムを追加発表する予定だ。支援の期限は7月30日。

「トンコハウス映画祭」の第2弾は、8月21日から30日まで特設サイトで開催予定だ。

第2回トンコハウス映画祭

2020年8月21日(金)~30日(日)(予定)
開催場所:映画祭特設サイト(URLは後日公開予定)
<上映作品(一部)>
「GIFTED」中村優香
「GUNTHER」Erick Oh
「Lost & Found」Andrew Goldsmith, Bradley Slabe
「マイリトルゴート」見里朝希
「My Moon」Eusong Lee
「Negative Space」Tiny Inventions
「One Small Step」Taiko Studio ほか

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

リー・アンクリッチのほかの記事

リンク