望海風斗が表紙のananに藤原竜也×竹内涼真、綾瀬はるか×西島秀俊ら、深澤辰哉も

14731

5月20日発売のananで、特集「ジャパンエンタメの底力。」が展開される。

anan2201号 表紙 (c)マガジンハウス

anan2201号 表紙 (c)マガジンハウス

大きなサイズで見る

anan 2201号

anan 2201号
Amazon.co.jp

同号の「邦画を面白くする関係性」をテーマにした企画には「太陽は動かない」で共演した藤原竜也竹内涼真、「奥様は、取り扱い注意」の綾瀬はるか西島秀俊、「MOTHER マザー」で親子役を務めた長澤まさみと奥平大兼、「朝が来る」の監督・河瀬直美と原作小説を手がけた辻村深月が登場。エンタテインメントへの愛やプロフェッショナルとしての在り方を語る。

そして「“東京キャラバン”がつなぐ表現者たち」と銘打たれたページには野田秀樹松たか子谷中敦東京スカパラダイスオーケストラ)、「日本ミュージカルの立役者たち」には高畑充希海宝直人柿澤勇人木下晴香がそれぞれ参加。深澤辰哉Snow Man)のCLOSE UPも用意された。

なお、表紙は宝塚歌劇団雪組トップスターの望海風斗。現役トップスターとして初めて同誌の表紙を飾った望海は「(ananからのオファーを受けて)本当に驚きました!! 何度も『私で大丈夫ですか!?』と確認しました(笑)。ですが、このような素敵な機会をいただけたことに感謝しています」とコメントしている。

「太陽は動かない」「朝が来る」は近日公開。「奥様は、取り扱い注意」は6月5日、「MOTHER マザー」は今夏に封切られる。

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

関連記事

リンク

関連商品