三宅唱「Playback」も、ミニシアター・エイドの特典サンクス・シアターに作品追加

85

ミニシアター・エイド基金のクラウドファンディングでリターンとして配信される「サンクス・シアター」の新規ラインナップが発表された。

「Playback」 (c)2012 Decade, Pigdom

「Playback」 (c)2012 Decade, Pigdom

大きなサイズで見る(全2件)

「ミニシアター・エイド基金」ビジュアル

「ミニシアター・エイド基金」ビジュアル[拡大]

政府からの外出自粛要請の影響を受け、全国の小規模映画館を支援するため深田晃司と濱口竜介が発起人となって立ち上げたミニシアター・エイド基金。4月13日にクラウドファンディングがスタートして以降、15日にはMotionGallery史上最高額の目標金額1億円、28日には2億円を突破した。外出自粛傾向が長期化することが予想される中、さらなる支援を行うためストレッチゴールの3億円超えを目指し、5月14日23時59分まで引き続き支援を受け付けている。

「サンクス・シアター」はクラウドファンディング終了後、活動趣旨に賛同した映画人から寄せられた作品を特設サイトで配信するもの。支援額に応じた規定の本数をストリーミングで鑑賞できる。このたび三宅唱監督作「Playback」や武正晴監督作「百円の恋」、「微温」「最低」などの今泉力哉監督作といった、計60作品以上が追加された。柄本佑主演作「ポルトの恋人たち~時の記憶」、染谷将太主演作「ただいま、ジャクリーン」なども含まれる。新規追加の作品リストはMotionGalleryのページに記載。なお「サンクス・シアター」の全ラインナップは5月10日に発表予定だ。

※関連記事はこちらから
今、映画のためにできること SAVE the CINEMA・業界支援まとめ

この記事の画像(全2件)

関連記事

三宅唱のほかの記事

リンク