Tポイントで1円からミニシアター・エイドに募金可能、CCCが文化支援スタート

787

TSUTAYAを展開しているカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、文化支援を行う「カルチュア・サポート・プロジェクト by CCC」を始動。第1弾としてTポイントをミニシアター・エイド基金に募金できるシステムが発表された。

「Tポイント募金×ミニシアター・エイド基金」ビジュアル

「Tポイント募金×ミニシアター・エイド基金」ビジュアル

大きなサイズで見る

全国の小規模映画館を支援するためにMotionGalleryでクラウドファンディングを実施しているミニシアター・エイド基金。映画業界に深く関わっているCCCグループでは、クラウドファンディングの終わる5月14日までの2週間限定で、「Tポイント募金」によって基金への支援を行う。T会員は1ポイント(1円相当)から募金が可能だ。基金の発起人である深田晃司濱口竜介によるコメントは下記に掲載した。

「カルチュア・サポート・プロジェクト by CCC」では、今後も公開中止や延期を余儀なくされた映画作品やクリエイターへの支援につながる活動を行う予定。

深田晃司 コメント

これまでの人生で何軒のTSUTAYAにお世話になっただろうか。引っ越すたびに近所にはTSUTAYAがあった。いつのまにかTポイントはコンビニでもカフェでも使えるようになっていた。映画が日常に越境してくる感覚が不思議で、なくても困らないかも知れないけどあるとちょっと嬉しいTポイント。その小さな幸せを少しだけミニシアターに分けてもらえないでしょうか。ビデオ屋さんにソフトが届く入り口にはいつだって映画館がありました。

濱口竜介 コメント

コロナ禍による外出自粛の状況があり、経営基盤の弱いミニシアターはいま経営の危機にあります。TSUTAYAさんのTカードをお持ちの方は、必然的に映画好きの方もきっと多いのではないかと思います。たとえば映画レンタルで溜まっていたTポイントを、可能であればミニシアターの支援に使っていただけたら。そのことが、映画の豊かさを守ることにつながります。よろしくお願い致します。

※関連記事はこちらから
今、映画のためにできること SAVE the CINEMA・業界支援まとめ

関連記事

深田晃司のほかの記事

リンク