ビー・ガンが選んだ今年観るべき20本発表、蔦屋書店フェアではポスター展示・販売

160

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」の監督ビー・ガンにスポットを当てたフェアが、明日3月7日より東京・六本木 蔦屋書店で開催。あわせて監督が本企画のために選んだ、2020年に観るべき20本のお薦め作品が発表された。

ルー・ユンファンが手がけた「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」のアートポスター。

ルー・ユンファンが手がけた「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」のアートポスター。

大きなサイズで見る(全30件)

父の死をきっかけに故郷・凱里(かいり)へ里帰りしたルオ・ホンウを主人公とした本作。後半60分続く、3Dの長回し映像でも話題になっている映画だ。ビー・ガンは蔦屋書店からの依頼を受けて、同店で購入可能なものの中から映画を中心にセレクト。日本からは黒澤明成瀬巳喜男伊丹十三是枝裕和北野武深田晃司橋口亮輔湯浅政明の作品が選ばれている。

今井徹が手がけた「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」のアートポスター。

今井徹が手がけた「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」のアートポスター。

フェアは同日にリニューアルオープンする六本木 蔦屋書店の2階で開催。中国人デザイナーのルー・ユンファンが手がけた映画のアートポスターと、日本版ポスターを手がけたTUGBOAT DESIGNの今井徹によるアートポスターの計12点が展示される。これらは限定受注販売も行う。

ルー・ユンファンが手がけた「凱里ブルース」のポスター。

ルー・ユンファンが手がけた「凱里ブルース」のポスター。

ルー・ユンファンはビー・ガンの長編デビュー作「凱里ブルース」のポスターを手がけて一躍脚光を浴び、「象は静かに座っている」の中国版ポスターを担当したことでも知られる人物だ。フェアでは日本版ポスターやポストカード、パンフレットの販売も行われる。

「ロングデイズ・ジャーニー このの涯てへ」は全国で公開中。なお「凱里ブルース」も4月18日より東京のシアター・イメージフォーラムほかで公開される。

※「凱里ブルース」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ビー・ガン フェア

2020年3月7日(土)~4月4日(土)東京都 六本木 蔦屋書店

ビー・ガンが選んだ、2020年に観るべき20本のお薦め作品

ガス・ヴァン・サントエレファント
ジャック・タチプレイタイム
リドリー・スコットブレードランナー
アラン・レネ二十四時間の情事
アンドレイ・タルコフスキー鏡(1975年)
ミケランジェロ・アントニオーニ「夜」
ウォン・カーウァイ天使の涙
エドワード・ヤン古嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件
ジャ・ジャンクー一瞬の夢
チェン・カイコーさらば、わが愛/覇王別姫
ホウ・シャオシェン憂鬱な楽園
黒澤明「酔いどれ天使
成瀬巳喜男「浮雲(1955年)
伊丹十三「タンポポ
是枝裕和「幻の光
北野武「HANA-BI
深田晃司「淵に立つ
橋口亮輔「ぐるりのこと。
湯浅政明「ピンポン THE ANIMATION」
ベルナルド・ベルトルッチラストエンペラー

※「古嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」の古は牛偏に古が正式表記

この記事の画像・動画(全30件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

(c)2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD - Wild Bunch / ReallyLikeFilms