映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

橋本愛が主演作で表現したのは「嘘じゃない希望」、増田貴久の暴露に那須雄登は大慌て

4098

「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺⼈事件」完成報告会の様子。

「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺⼈事件」完成報告会の様子。

「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件」の完成報告会が本日2月27日に東京・THE GRAND HALLで行われ、キャストの橋本愛、増田貴久(NEWS)、北村有起哉松本まりか、那須雄登(美 少年 / ジャニーズJr.)、監督の小林聖太郎が登壇した。

本作は、市役所の嘱託職員として働く新人・牧野聡美と同僚・小野寺淳一が、信頼していた先輩の焼死体が発見されたことから、福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていくさまを描くヒューマンミステリー。聡美に橋本、小野寺に増田が扮した。

本イベントは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために一般客の招待が取りやめられ、マスコミや関係者向けの完成報告会の形で行われた。橋本は「企画書に書かれていた“パレートの法則”の数字の割合が、私が高校生の頃から指標にしているものと同じだったんです。運命的なものを感じました」と作品との出会いを振り返り、「やると決めてから、実はつまらなかったらどうしようと思ったのですが大正解でした」と笑う。

出演を即決したという増田は「重いテーマをしっかりと届ける“普通の人”が必要だと言っていただきました」とプロデューサーから聞いた自身の起用理由を明かす。テレビドラマ初参加の那須は「一生忘れられない作品になりました」と感慨深げに挨拶し、美 少年のメンバーに報告した際のリアクションを「『ちゃんとセリフを覚えていくんだよ。がんばってね』と言ってもらえてうれしかったです」とはにかみながら伝えた。所属事務所の後輩にあたる那須とは共演シーンがなかった増田が「大丈夫だった?とメールを送ったんですが、その日は返事がなくて……。次の日、大丈夫です!と返ってきました」と暴露し、那須が「あまりスマホを見ないんです(笑)」と慌てる場面も見られた。

「松本さんとのシーンは、心の中で探り合いをしながら楽しくできました」と撮影の思い出を語ったのは北村。その言葉を受けて松本は「有起哉さんとの共演は初めて。スリリングでしたね」と笑顔でうなずく。さらに彼女は煙草を吸うシーンのリハーサルで髪を焦がしたエピソードを自ら披露して、増田から「めちゃめちゃ燃えているのにそのままお芝居を続けてるんですよ。女優すげえなって思いました。僕は水、水!となっているのに」と声を掛けられていた。

橋本は最後に「このドラマには見落としがちな大切なことが詰まっています。嘘じゃない希望を丁寧に表現したつもりです」と作品をアピールし、報告会を締めくくった。

「連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」は、3月7日にWOWOWプライムで放送スタート。

連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件

WOWOWプライム 2020年3月7日(土)22:00 スタート
※全5話
※第1話は無料放送

映画ナタリーをフォロー