映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

渋川清彦「原田芳雄さんに報告します」、日スポ映画大賞で助演男優賞に

1488

第32回日刊スポーツ映画大賞の表彰式にて、左から高橋一生、渋川清彦、阪本順治。

第32回日刊スポーツ映画大賞の表彰式にて、左から高橋一生、渋川清彦、阪本順治。

第32回日刊スポーツ映画大賞の表彰式が、本日12月28日に東京都内で開催され、助演男優賞を受賞した渋川清彦が登壇した。

阪本順治が自身のオリジナル脚本を映画化した「半世界」で、渋川は稲垣吾郎や長谷川博己と共演。そのほか「ウィーアーリトルゾンビーズ」「閉鎖病棟―それぞれの朝―」などにも出演した。渋川は開口一番「連日の忘年会続きで昼から酔っ払っております」ととぼけた口調で挨拶。「いつもこういうところに来ると思うのですが、飲んでいいのか飲まないほうがいいのか。つい、飲んでしまいます」と真面目な口調で続けた。そして「映画の現場は“◯◯組”と言いますが、今回賞をいただいた作品も本当に映画が好きで情熱持っている人たちの現場でした」と述懐する。

また本映画賞で過去に主演男優賞を受賞した原田芳雄に思いを馳せ、「毎年12月28日は芳雄さんの家に集まって餅つきをやっているんです。今年もこれから行こうかなと。芳雄さんに(受賞を)報告したいと思います」と口にした。

前年の受賞者として登壇した高橋一生は「以前、平山秀幸監督の作品でご一緒して。素晴らしいお芝居をされる方で、とてもうれしく思います」と渋川への敬意をあらわにする。「半世界」の監督を務めた阪本順治も花束ゲストとして登場。「(渋川が演じた役は)世話好きで町から出ていかない男。本人も世話好きなんですよ。ちょっと怖い顔していますが、周りを魅了するような人懐っこさがある。かたや『閉鎖病棟』ではまったく違う役。彼の振り幅が受賞理由の1つだと思います」とたたえた。

「半世界」は東京・UPLINK渋谷で上映中。

映画ナタリーでは引き続き、表彰式の模様をレポートする。

映画ナタリーをフォロー