笠松将が夜の六本木でラップ口ずさむ…「花と雨」本編映像解禁

106

笠松将が主演を務めた「花と雨」より、本編映像の一部がYouTubeで公開された。

「花と雨」

「花と雨」

大きなサイズで見る(全14件)

SEEDAの同名アルバムを原案とする本作は、ヒップホップを心のよりどころに、何者かになりたいと願う17歳の青年・吉田の葛藤と成長を描く物語。Perfumeや水曜日のカンパネラなどのMVを手がけた土屋貴史がメガホンを取った。

映像には、夜の六本木でラップを口ずさみながら歩く吉田の姿を収録。土屋は笠松によるヒップホップを初めて聞いた際を振り返り「正直なところ、不安でいっぱいでした。本物との違いに愕然としていました。しかし撮影が進むにつれ、ラップすること自体を楽しんでいる姿を見て、これならいけるかもと自分の考えも変わっていきました」と語る。続けて「彼は最後まで懸命に取り組んでいたので、それも含めて、笠松さんはこの映画の吉田を演じてくれました。胸を打つものが捉えられていると思います」とコメントした。

土屋の長編デビュー作「花と雨」は、1月17日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全14件)

関連記事

笠松将のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019「花と雨」製作委員会