映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「音楽」岡村靖幸のアフレコを岩井澤健治が回想「遠慮なく録らせていただきました」

172

左から大橋裕之、芹澤興人、前野朋哉、岩井澤健治。

左から大橋裕之、芹澤興人、前野朋哉、岩井澤健治。

アニメーション映画「音楽」の先行上映会が12月12日に東京・新宿武蔵野館で行われ、声のキャストである前野朋哉芹澤興人、監督の岩井澤健治、原作者の大橋裕之が登壇した。

大橋のマンガを原作とする本作は、楽器を触ったこともない不良学生たちが思い付きでバンドを組むところから始まる“ロック奇譚”。バンド“古武術”を結成する研二役を坂本慎太郎、太田役を前野、朝倉役を芹澤が担当した。観客とともに映画を鑑賞した前野と芹澤。前野は「ライブシーンで涙が出そうになりましたね」と切り出し「言葉にできないんですが、熱くなる感じが試写会のときよりもありました!」と感想を語る。芹澤も「ずっと気持ちいいものを観せてもらった。最後のライブシーンはやっぱり圧倒的でしたよね」と同意し、前野は「アニメだけど生々しいというか。実際にそこにいるような感じがしましたね」と続けた。

岩井澤が7年超の制作期間を経て完成させた本作。アフレコにどれぐらいの時間が掛かったのか尋ねられた前野は「顔合わせと本読みで2日。実際に撮ったのは半日ぐらいですね」と申し訳なさそうに打ち明ける。そして「(1人ではなく)シーンに出ているメンバーでブースに入ってアフレコできたのがすごくよかったです。普通にお芝居しているような感覚でできたのが楽しかった」と振り返った。

主人公・研二を演じる坂本にオファーをしたのは大橋だそうで、大橋は「アニメの話が出たときから、坂本さんが合うんじゃないかなって。やってもらえるとは思ってなかったです」と述べ、そんな大橋に岩井澤は「原作者というより、本当は“総監督”とクレジットを入れたいくらいです」と感謝を伝える。また前野と芹澤のキャスティングについて話題が及ぶと岩井澤は「僕の中では、坂本さんよりも早い段階で2人にお願いしたいと思っていたんです」と明かし、「坂本さんの出演が決まってみんなのテンションが『わー!』って上がっているときに『今なら言える!』と思って。申し訳ないんですがもっとビックネームの名前も出ていて。でも『違うんだよなー』と思ってたんです」と思い返した。

また、役どころの詳細は明かされていないが岡村靖幸の出演も発表されている本作。岩井澤は「まだ何もできていない頃に『やってもらえたらいいよね』って、夢を語り合うような感じで名前が出ていました」と言い、アフレコについて「岡村さんが『あと何分で到着します』ってときが一番緊張しましたね。もうすぐ来るってときが(笑)。実際来たら『なんでも言ってください』という感じだったので、遠慮なく6テイクほど録らせていただきました(笑)」と笑顔で回想した。

映画の主題歌はドレスコーズが手がけた「ピーター・アイヴァース」。岩井澤は「本当にしんどいときとか、作業中にずっと聴いていたんです」と打ち明け、「さすがに無理なんじゃないかと言われてたんですが『ドレスコーズに決まったら、作画のスピードもクオリティも上がるんで、絶対にお願いしてください』って言って、大橋さんが志磨(遼平)さんに連絡してくれました」とうれしそうに口にした。

最後に岩井澤は「一般の上映は今日が初めて。ようやくここまで来たなと実感しました。来年公開になるのでまた足を運んでいただけたらうれしいです」と呼びかけ、イベントの幕を引いた。

「音楽」は1月11日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

(c)大橋裕之・太田出版 / ロックンロール・マウンテン

映画ナタリーをフォロー