映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

斎藤工や行定勲が映画「音楽」へ賛辞、応援コメント収めた新予告も解禁

369

「音楽」新場面写真

「音楽」新場面写真

大橋裕之のマンガを原作とする長編アニメ「音楽」への斎藤工行定勲らのコメントが到着した。

松江哲明がプロデューサーを務めた本作は、楽器を触ったこともない不良学生たちが思い付きでバンドを組むところから始まる“ロック奇譚”。監督の岩井澤健治が7年超の制作期間を経て完成させ、第43回オタワ国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門でグランプリを受賞した。バンド“古武術”を結成する研二たちの声を坂本慎太郎前野朋哉芹澤興人が担当。研二の同級生・亜矢には駒井蓮が声を当てた。そのほか平岩紙竹中直人、岡村靖幸らが声優として参加している。

斎藤は「あゝ何故こんなにも詩的でシュールで心地好いのだろう……ずっとこの愛おしい空気に浸っていたい!」と述べ、行定は「『俺がやりたかったのはこんな音楽だ!』とミュージシャンでもないのに叫びたくなった。青春映画の傑作!」と称賛した。そのほかスチャダラパーのBose、銀杏BOYZ峯田和伸、漫画家の新井英樹らのコメントは下記の通り。なお本作に寄せられたコメントが入った新予告はYouTubeで公開されている。

「音楽」は2020年1月11日より新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

Bose(スチャダラパー)コメント

原作のファンだった僕は、この漫画が映画化されたという話を聞いて、勝手にその内容を想像していた。
所謂オフビートな空気感で、淡々とした田舎の情景で、不毛でやるせない若者の日常が続いて、、、、、
しかし、実際に完成した映画を観て、その想像は大きく裏切られた。まるでウォルトが生きていた頃のディズニー映画のような圧巻の音楽シーン。もしやこれは2020年代の「ファンタジア」なのではないか! 最高にクールで、めっちゃジャパン!
どうかこの映画が、ダサいやつらに気づかれませんように! 賢いお金持ちがパトロンになって、次回作も作られますように!

斎藤工(俳優 / 映画監督)コメント

うわぁ!
遂にあの大橋裕之作品が、岩井澤監督の7年に及ぶ根気、4万枚の愛ある手描きにより動き出した!
あゝ何故こんなにも詩的でシュールで心地好いのだろう……ずっとこの愛おしい空気に浸っていたい!
作り手の想いや体温が宿った、邦画の宝の様な傑作。

峯田和伸(銀杏BOYZ)コメント

ほんとうにすばらしい作品でした。
言葉にできません。
言葉にできないものがすべての絵に、声に、音に、やどっていました。
うまくコメントできそうにありません。

樋口毅宏(作家)コメント

「爆裂都市 BURST CITY」から37年、大橋裕之の煌めきと岩井澤健治監督の狂気により、
日本のロック映画はようやくこの地点に辿り着いたのだと思う。

新井英樹(漫画家)コメント

凄い!? カッコいい!?
違うな、言葉に出来なくてもどかしい!
でも、言葉にすると一気に萎えてしまうってアレがここにある。
「音楽」に飲み込まれる感触は「初めてのセックス」のよう!
そう、気づけばボクは主人公と交わっていた!!

花沢健吾(漫画家)コメント

紙芝居のような動きの少なさや目の大きい無個性なキャラクターやアニメ声などにウンザリして
自分からどんどん距離が離れていくアニメだったけど、この映画を観て久しぶりに距離が近づいた気がした。
こういう映画が正当に評価され、様々な作り方の映画が増えていくことを強く望みます。

行定勲(映画監督)コメント

衝動が生み出した混沌。
久しぶりに熱くなった。
「俺がやりたかったのはこんな音楽だ!」とミュージシャンでもないのに叫びたくなった。
青春映画の傑作!

菊池亜希子(女優・モデル)コメント

ふと出会った、知らないバンドの知らない音楽。私は今、一体何を聞いているのだろう。ジャンルもわからないし、展開も読めないし、ノリかたもわからない。なのに目が離せなくて、体が揺れてしまう。
そんなバンドに出会ったときのような、そわそわする映画体験でした。

土居伸彰(アニメーション研究・批評)コメント

淡すぎる狂気。淡すぎるナンセンス。今までのアニメーションにこんなものはなかった。
間隙や空白の多いアニメーションは、観客の夢想を誘う。
日常をなぞる(ロトスコープ)アニメーションは現実をネジる。
本作の殺気立つ淡さは、日常的時空間を反転させ、玉虫色の夢幻や永遠を感覚させ、向こう側の世界を垣間見せる。
観客は、叫びとともに世界が、いや宇宙が生まれる瞬間を目撃するのだ、自分の頭の中に。

矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)コメント

あまりのカッコよさに快感が脳天を突き抜けた。
カッコ悪いことがカッコいいとされたロックのカッコよさをこれだけカッコよく描いた作品はない。
見終わった瞬間、ああもうこれ本年ベストじゃんとつぶやいていた。

Alexandre Huang(台中国際アニメーション映画祭)コメント

「音楽」には、インディペンデント映画制作の精神があり、視覚言語の使用は最小限にとどめながらも、非常に表現豊かなサウンドが愉快な笑いを誘い、予想できない心に響くストーリーを伝えてくれる。
間違いなく必見の楽しい作品!

Nag Vladermersky(ロンドン国際アニメーション映画祭ディレクター)コメント

抜群に楽しい最高の時間をくれる映画「音楽」では、ケンジと彼の愛すべきクセの強いバンド仲間たちの冒険に大爆笑は必至。
魅力あふれる映像と一度聞いたら耳から離れないサウンドトラック、爆笑の瞬間だらけの勇敢でエキセントリックな作品。

(c)大橋裕之・太田出版 / ロックンロール・マウンテン

映画ナタリーをフォロー