映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「音楽」オタワ映画祭でグランプリに、岩井澤健治と松江哲明から喜びの声届く

246

大橋裕之のマンガを原作とする長編アニメ「音楽」が、第43回オタワ国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門でグランプリを受賞した。

本作は、楽器を触ったこともない不良学生たちが思いつきでバンドを組むところから始まる“ロック奇譚”。監督の岩井澤健治が、7年超の時間をかけて個人制作で完成させた。

審査員は本作について「セリフの間、的確な構図、魅力的なキャラクター、そして映画的言語が駆使された演出を高く評価した」とコメント。そして岩井澤は「スタッフ、キャストのみなさん、ありがとうございました」と、プロデューサーの松江哲明は「オタワでは爆笑と拍手が起こるライブのような上映で、こんなにも幸福な時間が体験できたことに感謝です。そして大橋さんの笑いと切なさが国境を越えることを確信できました。岩井澤監督の演出力と原作愛、全カットに込められたエネルギーにご期待下さい」と喜びを語った。

なお、受賞に際して岩井澤が描き下ろしたイラストも到着した。

「音楽」は2020年1月11日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。坂本慎太郎駒井蓮前野朋哉芹澤興人平岩紙竹中直人らが声のキャストに名を連ねる。

(c)大橋裕之・太田出版 / ロックンロール・マウンテン

映画ナタリーをフォロー