「ターミネーター」が「IT」退け動員1位に、初登場「すみっコぐらし」は3位

445

11月9日から10日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、初登場の「ターミネーター:ニュー・フェイト」が1位に輝いた。

「ターミネーター:ニュー・フェイト」 (c)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

「ターミネーター:ニュー・フェイト」 (c)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

大きなサイズで見る(全9件)

本作は「ターミネーター2」の正統な続編として、シリーズの生みの親ジェームズ・キャメロンがプロデューサーを務めたもの。オリジナルキャストであるアーノルド・シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンがターミネーターT-800役とサラ・コナー役で出演した。11月8日の封切りから10日までに観客動員数44万9565人、興行収入6億3728万円を達成している。

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」メインビジュアル (c)2019日本すみっコぐらし協会映画部

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」メインビジュアル (c)2019日本すみっコぐらし協会映画部[拡大]

「ひとよ」ポスタービジュアル (c)2019「ひとよ」製作委員会

「ひとよ」ポスタービジュアル (c)2019「ひとよ」製作委員会[拡大]

そのほか初登場作品は3本。井ノ原快彦(V6)と本上まなみがナレーターを務めた「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」が3位に入り、公開初日の11月8日から10日までに動員11万4280人、興収は1億3287万円を記録した。完売となる回も続出しているという。6位には長月達平のライトノベルをもとにしたアニメシリーズの新作エピソードを描く劇場公開OVA第2弾「Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆」、7位には白石和彌が監督し、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優が出演した「ひとよ」がそれぞれランクインしている。

2019年11月9日~10日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(NEW)「ターミネーター:ニュー・フェイト」
2.(1↓ / 2週目)「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」※R15+指定作品
3.(NEW)「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」
4.(2↓ / 6週目)「ジョーカー」※R15+指定作品
5.(3↓ / 2週目)「マチネの終わりに
6.(NEW)「Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆」
7.(NEW)「ひとよ」
8.(5↓ / 4週目)「世界から希望が消えたなら。
9.(4↓ / 4週目)「マレフィセント2
10.(6↓ / 3週目)「冴えない彼女の育てかた Fine

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

この記事の画像(全9件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆 / 世界から希望が消えたなら。 / 映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ / マチネの終わりに / ひとよ / ターミネーター:ニュー・フェイト / マレフィセント2 / ジョーカー / 冴えない彼女の育てかた Fine / IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。