映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「キングダム」ソフト発売記念イベントに吉沢亮が急遽登壇「熱いものができた」

4229

左から小島瑠璃子、吉沢亮。

左から小島瑠璃子、吉沢亮。

キングダム」のBlu-ray & DVD発売記念イベントが11月5日に東京・スペースFS汐留で開催され、プロデューサーの松橋真三らとサプライズゲストの吉沢亮が登壇した。

原泰久のマンガを原作とする「キングダム」は、紀元前の中国春秋戦国時代が舞台の歴史エンタテインメント。このイベントではイジリー岡田が司会を務め、本作のファンである小島瑠璃子が松橋とトークを行った。小島は映画の感想を「原作のスケールはそのままに、映像になったことでリアルに感動的なシーンが入ってきて。『キングダム』をこういうふうに映像化してくださって、ありがとうございます!という気持ちでした」と述べる。松橋は、資金集めの際に小島が出演していた「アメトーーク!」“キングダム芸人”の回のDVDを配って原作をアピールしていたと告白した。イベントでは小島から松橋へ「どれくらいお金がかかったんですか?」という質問も。松橋が「おそらく(邦画の中で)今世紀で一番お金が掛かっているのではないか」と回答すると、会場にざわめきが起こった。

ここで、松橋から連絡を受け急遽駆け付けたキャストの吉沢がサプライズ登壇。若き王・えい政と彼の影武者となる漂の2役を演じた吉沢は、中国での撮影を「王宮でのアクションシーンは、長い距離を走って大変だったので、酸欠になりそうなくらいがんばって、10テイクくらい撮影しました。でも結局2テイク目が使われていました(笑)」と振り返った。

終盤には原からのスペシャルメッセージが代読されることに。「いよいよ映画『キングダム』Blu-ray & DVDが発売になります。あの映画館での興奮を、今度は家や仕事場で何度も味わえると思うと嬉しいです。あそこやあそこやあそこで、また泣いてしまうのだろうな~(笑)。まだ映画をご覧になっていない方はぜひご視聴を。びっくりすると思いますよ。すでに映画館でご覧になられた方々も、ご自宅などで再び映画『キングダム』の世界におひたり下さい。そして落ち着きましたら、今度はゆっくり原作との違いを発見するなどして楽しんでみて下さい(笑)」というコメントに、観客から拍手が起こった。

最後に吉沢は「撮影に入る前の準備期間からずっと全員が熱い思いを持って挑んだ作品で、本当にそれだけの熱いものができたなと思います。ぜひBlu-ray、DVDで何度も観ていただいて、細かい部分まで注目していただけたら」と挨拶した。

「キングダム」のBlu-ray & DVDセットは、本日11月6日に初回限定のプレミアムエディション、そして通常版の2形態でリリース。プレミアムエディションは本編Blu-ray / DVDと特典Blu-rayからなる3枚組で、特典ディスクには山崎賢人、吉沢、橋本環奈、監督の佐藤信介、そして松橋によるビジュアルコメンタリーが収録される。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記
※えい政のえいは上に亡、中に口、下左から月、女、迅のつくりが正式表記

(c)原泰久/集英社 (c)2019 映画「キングダム」製作委員会

映画ナタリーをフォロー