染谷将太はおはぎ、永瀬正敏はおにぎり…「最初の晩餐」撮影の食べ物エピソード披露

254

最初の晩餐」の公開記念トークショーが本日10月15日に東京・神楽座で行われ、キャストの染谷将太永瀬正敏が登壇した。

「最初の晩餐」公開記念トークショーにて、左から染谷将太、永瀬正敏。

「最初の晩餐」公開記念トークショーにて、左から染谷将太、永瀬正敏。

大きなサイズで見る(全9件)

染谷将太

染谷将太[拡大]

父の通夜に集った家族が、“通夜ぶるまい”を食してさまざまな思い出を振り返っていく本作。染谷が主人公・東麟太郎を演じ、永瀬は父・日登志に扮した。染谷は「素敵な脚本でした。家族を描く映画だけど、説教くさくなく、家族っていいよねということでもなく。複雑だけどポジティブで、今まで出会ったことのない作品に出会えたのがうれしかったです」と述べる。回想の中に登場する永瀬は「映画において回想シーンの扱い方って難しい。この作品は家族の謎を解いていく部分も含めて、回想への持っていき方が素晴らしいと思いました」と脚本をたたえた。

永瀬正敏

永瀬正敏[拡大]

劇中にさまざまな食事シーンが登場することから、登壇者たちは食べ物の話で盛り上がる。永瀬は娘・美也子の少女時代を演じた森七菜とのエピソードを披露。「ある日の撮影後、かやくご飯のお弁当が出たんです。どうしても食べたかったけど新幹線の時間が迫っていて。森さんに『これ握ってよ』と言ったらおにぎりにしてくれて、新幹線の中で食べました。人の手がちょっと加わるだけで、食事ってこんなにおいしくなるんだなと思いました」と、劇中の食事シーンにも通ずる気持ちになったことを語った。

永瀬正敏(右)に褒められ、照れ笑いする染谷将太(左)。

永瀬正敏(右)に褒められ、照れ笑いする染谷将太(左)。[拡大]

また染谷は、おはぎを食べるシーンを「最高でした」と述懐。「おはぎって自分の中でパンチのある食べ物なんですよ。ヘビーで、でもおいしい。ガブッと食べてむせることによって、麟太郎のためてきたものが初めて出る。そのトリガーになるのがおはぎなんです。台本を読んだとき最高だと思いました」と、むせることまで台本の段階で決まっていたことを説明。永瀬は「おはぎやハンバーガーは撮影で食べるのが難しいから大変そうだなあと思っていました(笑)」と、染谷を案じていたことを打ち明ける。

「最初の晩餐」ポスタービジュアル

「最初の晩餐」ポスタービジュアル[拡大]

本作には姉・美也子役で戸田恵梨香、兄・シュン役で窪塚洋介、母・アキコ役で斉藤由貴も出演した。染谷は「戸田さんは姉貴って感じ。自分が何もしなくても『これは姉弟だ』と初日から思わせてもらえました。斉藤さんは揺るがない佇まいで、そこに甘えていれば息子になれると思いました」と共演の感想を語る。また窪塚の登場シーンでは「来たー!!」という気持ちでいっぱいだったとテンション高めに回想。永瀬は相米慎二の監督作「雪の断章ー情熱ー」で斉藤が主演した際に撮影現場を訪れたことを振り返り、「雪を紙で一生懸命作りました。斉藤さんには『僕が雪作ったんですよ』とは言ってないですけど……いつかご一緒できればと思っていました」と裏話を明かした。

最後は、染谷が「パズルがどんどんそろっていって、最後に見える光景は皆さん違う。そんな映画だと思っています」と本作の魅力を改めて話す。永瀬も「ぜひおいしく観ていただけるとうれしいです」と呼びかけた。

「最初の晩餐」は11月1日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

染谷将太のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019『最初の晩餐』製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 最初の晩餐 / 染谷将太 / 永瀬正敏 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。