「牙狼〈GARO〉」冴島親子3世代が集結、中山麻聖「雷牙が帰ってまいりました!」

498

牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」の公開を記念した舞台挨拶が本日10月5日に東京・新宿バルト9で開催され、キャストの中山麻聖小西遼生渡辺裕之松田悟志螢雪次朗、監督の雨宮慶太、黄金騎士ガロが登壇した。

「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」公開記念舞台挨拶の様子。

「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」公開記念舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全6件)

「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」ポスタービジュアル

「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」ポスタービジュアル[拡大]

本作は「牙狼〈GARO〉」シリーズのテレビドラマ第4期「-魔戒ノ花-」の劇場版。歴代最強とされる黄金騎士・冴島雷牙の新たな戦いが描かれる。

雷牙、鋼牙、大河の冴島親子3世代が登場する本作。ドラマに続き雷牙を演じた中山は「お待たせしてすいません。冴島雷牙が帰ってまいりました!」と集まったファンに挨拶する。その言葉に鋼牙役の小西は「『信じて待ってろ』と言ってからだいぶ年月が経ってしまいました。冴島鋼牙も帰ってきました」と、大河役の渡辺は「せがれと孫がお世話になっております。冴島大河です」と続けた。

渡辺が「映画をご覧になって、3人が集まったところで興奮されたと思いますけど、我々も興奮しました」と話すと、冴島家に仕えてきた執事・ゴンザ役の螢が「ゴンザとしては最初に大河さまにお仕えして。赤ちゃんの頃の鋼牙さまをお風呂に入れてあげたりして……。とにかく楽しゅうございました」とキャラクターにちなんだコメントで会場を沸かせる。

松田は「牙狼の世界がついに僕を求めてくれたのかと感動しています。お客さんとして観ていた作品に出てくれと言われるのは、俳優としてすごく特別な気持ちなんです」と感無量の様子で同シリーズへの思いを語った。

最後に中山は「5年間お待たせしてハードルが上がりまくっていますが、ファンの皆さんにはハードルを上げて観ていただいて大丈夫な作品に仕上がっています」と劇場版の完成度に胸を張る。雨宮は「ここまで『牙狼〈GARO〉』という作品が実現できているのは奇跡のような出来事。応援してくださる皆さんがいるからだと思っています」と観客に感謝を伝え、舞台挨拶を締めた。

「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

中山麻聖のほかの記事

リンク

(c)2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人- / 中山麻聖 / 小西遼生 / 渡辺裕之 / 松田悟志 / 螢雪次朗 / 雨宮慶太 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。