ケイト・ハドソン

ケイトハドソン

女優ゴールディ・ホーンと歌手のビル・ハドソンとの間に生まれる。インディー映画「200本のたばこ」(1999)でのドジ娘役で注目される。「あの頃ペニー・レインと」(2000)のコケティッシュなグルーピー役でアカデミー賞候補になったほか、数々の賞を受賞して女優として開花する。母親譲りの明るい笑顔とキャラクターでコメディエンヌとしても期待される。2000年にロック・グループ“ブラック・クロウズ”のヴォーカル、クリス・ロビンソンと結婚し、2004年に男児を出産した。