映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

片渕須直のコメントも、台湾女性の半生描く長編アニメ「幸福路のチー」予告

158

東京アニメアワードフェスティバル2018(TAAF2018)で長編グランプリに輝いた「幸福路のチー」より、予告編とポスタービジュアルが到着した。

本作は1975年生まれの女性チーが、祖母の死をきっかけに故郷・幸福路に戻ったことから、幼い頃の思い出とともに自分を見つめ直すさまを追う作品。また台湾語禁止の学校教育や、少数民族である祖母との関係、学生運動など、戒厳令の解除を経て民主化へと向かう現代台湾の様子も描かれる。

台北生まれのソン・シンインが、オリジナルアニメーション産業の土壌が整っていない台湾で自らスタジオを立ち上げて完成させた。チーの声は「藍色夏恋」のグイ・ルンメイが担当。「セデック・バレ」2部作の監督として知られるウェイ・ダーションも出演している。「この世界の片隅に」の片渕須直は「歴史を描く、暮らしや景色の変化を描くというテーマについて、アニメーションだからこそ出来ることがある」と本作へコメントを寄せた。

予告編では「偉い人になって世界を変えたい」と夢見る幼いチーや、大人になった彼女がオフィスでパソコンに向かう様子など、彼女の半生が交互に映し出される。終盤には「私は家に帰りたいんだ」と涙を流すチーの姿も収められた。

「幸福路のチー」は11月29日より東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開。

(c)Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリーをフォロー