萩原健一、内田裕也ら“アヴァンギャルド”な男たちの出演作を16本上映

156

特集上映「にっぽんのアツい男たち2~無鉄砲野郎の美学」が、明日8月10日から9月6日まで東京・神保町シアターで行われる。

「アフリカの光」 (c)東宝

「アフリカの光」 (c)東宝

大きなサイズで見る(全3件)

「にっぽんのアツい男たち2~無鉄砲野郎の美学」チラシビジュアル

「にっぽんのアツい男たち2~無鉄砲野郎の美学」チラシビジュアル[拡大]

“アヴァンギャルド”な男たちというテーマのもと、35mmフィルムで上映されるのは16本。松田優作が主演を務めた「蘇える金狼」、原田芳雄の主演作「原子力戦争 LOST LOVE」などがスクリーンにかけられる。

「十階のモスキート」 (c)1983「十階のモスキート」製作委員会

「十階のモスキート」 (c)1983「十階のモスキート」製作委員会[拡大]

さらに、3月に死去した萩原健一内田裕也の主演作もラインナップ。アフリカ渡航を夢見る2人の青年の役で萩原と田中邦衛が共演した「アフリカの光」、サラ金地獄にはまり破滅していく警察官を内田が演じた「十階のモスキート」も上映される。

にっぽんのアツい男たち2~無鉄砲野郎の美学

2019年8月10日(土)~9月6日(金)東京都 神保町シアター
料金(税込):一般 1300円 / シニア 1100円 / 学生 900円 / 夫婦50割引 2200円
<上映作品>
青春残酷物語
けんかえれじい
股旅
仁義なき戦い
とむらい師たち
「原子力戦争 LOST LOVE」
226
ソナチネ(1993年)
「青春の裁き」
「アフリカの光」
狂った野獣
ロケーション
豚と軍艦
青春の蹉跌
蘇える金狼(1979年)
「十階のモスキート」

この記事の画像(全3件)

関連記事

萩原健一のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 とむらい師たち / 原子力戦争 LOST LOVE / 青春残酷物語 / 青春の蹉跌 / 股旅 / アフリカの光 / ロケーション / 豚と軍艦 / 226 / けんかえれじい の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。