映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

米倉涼子と加藤浩次が「アベンジャーズ」新章を予想「みんなで農場で暮らす」

98

「アベンジャーズ/エンドゲーム」勝利祈願イベントにて、左からアイアンマン、加藤浩次、米倉涼子、キャプテン・アメリカ。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」勝利祈願イベントにて、左からアイアンマン、加藤浩次、米倉涼子、キャプテン・アメリカ。

アベンジャーズ/エンドゲーム」の勝利祈願イベントが、本日4月11日に東京・神田明神で行われ、吹替キャストの米倉涼子加藤浩次が出席した。

シリーズ完結編となる「アベンジャーズ/エンドゲーム」の公開を前に、アベンジャーズの起死回生を願って行われた本イベント。前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では、最凶の敵サノスにより宇宙の生命の半分が滅ぼされる衝撃のラストを迎えており、米倉は「まず(自分が声を当てる)ブラック・ウィドウがいなくならないかを確認しました。これからどうなるんだろうという不安と期待を今回の作品に込めました」と改めて振り返る。

塵になってしまったアベンジャーズの仲間たちもいる中、米倉が声を当てるブラック・ウィドウ、加藤が声を当てるロケットは生き残った。それを踏まえ、加藤は「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 』が始まったとき、まさかロケットがアベンジャーズに入るとは思ってなかった。『インフィニティ・ウォー』が終わって、今回(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 』から)残ったのはほぼロケットだけ。それってすごいと思う。あのアベンジャーズのメンバーにロケットがいることに感動しました」とキャラクターへの愛をあらわにする。

本作で「アベンジャーズ」シリーズは終幕となるが、米倉は「まだ続いていくんじゃないかなって期待していますし、ブラック・ウィドウとして応援していきたい。“新アベンジャーズ”みたいなのができるんじゃないですか?」とヒーローたちの今後に言及。加藤は「それもあるかもしれないですね!」と同意し、「『エンドゲーム』と言っている以上『アベンジャーズ』は終わる。このあとどういう形になっていくのか? パワーアップしてまったく別の形になる可能性もあるし、そこは僕自身も楽しみです」と口にする。そして米倉から「アベンジ(復讐)が終わったらどうなると思います? 加藤さんが新しくタイトルを付けるなら?」と次なる展開の予想を求められると、加藤は「『アベンジャー・ファーム 』。最大の敵も倒したので、みんなで農場でのどかな暮らしを送るっていう」と、これまでのシリーズとは真逆の世界観を提案した。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」は4月26日より全国公開。

(c)2019 MARVEL

映画ナタリーをフォロー