映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「アベンジャーズ」吹替キャスト集結、山寺宏一「これを観ないと平成を終われない」

1786

「アベンジャーズ/エンドゲーム」スペシャルスクリーニングの様子。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」スペシャルスクリーニングの様子。

アベンジャーズ/エンドゲーム」のスペシャルスクリーニングが本日4月25日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、米倉涼子加藤浩次ら日本語吹替版の歴代キャストたちが登壇した。

まずはブラック・ウィドウ役の米倉とロケット役の加藤がステージへ。2012年の「アベンジャーズ」から吹替版に参加してきた米倉は「7年間やらせていただくことで、たくさんのマーベル作品を熟知することができて幸せ」と心境を述べる。そして加藤は「最初“凶暴なアライグマ役です”とオファーされて、なんじゃそりゃって思いました。面白そうだからやってみたら、それがまさかアベンジャーズに参加するとは。こうして『エンドゲーム』に参加できるのは感慨深い」と喜びを語った。

続いて歴代キャストたちも合流。キャストたちも自分の参加シーン以外は本作の物語を把握しておらず、ピーター・クイル役の山寺宏一は、この上映のチケットを勝ち取った観客に「5000円で席譲ってもらえませんか? じゃあ1万円でいいですか?」と交渉を始める。ファルコン役の溝端淳平もそれに「2万円でいいですか?」と便乗し、ニック・フューリー役の竹中直人は「3万とか4万とか5万で譲ってほしいけど、そんなお金ないし……」と言って笑いを起こした。

また山寺は、横に並んだ豪華キャストたちを見て「吹替版声優の舞台挨拶なのに、僕だけ浮いてる(笑)。大河ドラマの舞台挨拶みたいになってるじゃないですか!」と感嘆する。続けて「ここにはいないけど、シリーズにずっと関わってきた声優もたくさんいます。ほかの現場で『(物語の展開は)どうなった!?』っていつも話題になるくらい、『アベンジャーズ』に参加できるのは声優にとって憧れなんです。こうやって参戦できてうれしい」と感慨深げに語った。

マンティス役の秋元才加は、前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で全宇宙の生命の半数が消滅してしまったことに触れ「消えてしまった私(マンティス)からしたら、今日という日が待ち遠しくて……」と観客をうらやましがる。劇中で消滅シーンのなかったシュリ役の百田夏菜子は「シュリは消えたのかどうかわからない状態で終わったので、“消えてしまったキャラリスト”に入っているのを知ったときの衝撃が……」と悲しそうに回想。同じく消滅したグルート役の遠藤憲一は、相棒のロケットは生き残っていることから「ポツンと残ったロケットの寂しさたるや。ひざを抱えて座っている姿を見てジーンとしました」と思いを馳せた。

本作が“アベンジャーズ完結編”と銘打たれていることについて、米倉は「本当に終わるの? 嘘でしょ?」と動揺を隠せない様子。すると山寺が「これを観ないと平成を終われない、気持ちよく令和に行けないですよ!」と会場を盛り上げる。また「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガンが一度降板した第3作の監督に復帰したことから、山寺と加藤は「我々ガーディアンズの次回作のために、(本作が)いい終わり方じゃないと!」「監督が戻ってきましたから!」と熱弁。また加藤は「僕みたいなチンピラ司会者がディズニーさんと仕事できるなんて思っていなかったです。ジャイアントスイングもやってきましたし、アイドルの頭を蹴って1万人から殺害予告が来たこともある。そんな人間が参加できるなんて、ディズニーさんは寛容」と包み隠さずに話して会場をどよめかせた。

ワスプ役の内田有紀が、マーベル作品に参加した喜びを「いつも友達にうらやましがられるので、本当に幸せです。美容院に行っても、レストランに行っても言われますし……」と話すと、加藤が「美容院はどれくらいのペースで行くんですか?」と彼女のプライベートに食いついて笑いを起こす。そして終盤、大のマーベルファンである溝端は、本作への期待を「僕はキャプテン・アメリカが一番好きなので、彼とアイアンマンの関係がどう終わるのか? もしくは始まるのか? 男同士の友情に一番注目したい」と明かした。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」は明日4月26日より全国ロードショー。

※記事初出時、写真のキャプションに誤りがありました。お詫びして訂正します。

関連する特集記事

「アベンジャーズ/エンドゲーム」特集PR

(c)Marvel Studios 2019

映画ナタリーをフォロー