映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ダンボールハウスガール

ダンボールハウスガール

ダンボールハウスガール

解説

すべてを失ってしまったホームレス・ギャルの心の再生を前向きに描いた人間ドラマ。これが映画初主演となる米倉涼子が汚れ役を毅然と演じ、TVドラマとは異なるタフな魅力をみせる。

ストーリー

米国行きのための貯金を盗まれ、恋人に捨てられた上に家も仕事もなくしたOL、杏。絶望し空腹で街をさまよう彼女は、ホームレスの人々が集う教会に身を寄せた。やがて、そこでの心優しい人々との暮らしは彼女の心を前向きにしていく。

2001年10月6日(土)公開 / 上映時間:100分 / 製作:2001年(日本) / 配給:シネカノン=Qムービー=東映ビデオ=電通=オスカープロモーション=キューフロント=クリーク・アンド・リバー社=サイブロ

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー