「キャプテン・マーベル」特集|アベンジャーズ誕生の鍵を握るヒーローを大解剖!マーベル初心者や映画好き、誰もが楽しめる“始まりの物語”

マーベル・スタジオの最新作「キャプテン・マーベル」が、3月15日に公開される。シリーズで初めて女性ヒーローを単独主人公に据えた本作は、記憶喪失の戦士が、アベンジャーズ誕生の鍵を握るヒーロー“キャプテン・マーベル”として目覚めるさまを描くサスペンスフル・アクションだ。

ナタリーでは本作の公開を記念した特集を展開する。映画ナタリーでは、キャプテン・マーベルというキャラクターの魅力を徹底的に紹介。映画ライター・渡辺麻紀のコラムや、4月26日公開の新作「アベンジャーズ/エンドゲーム」の考察コーナーも展開している。なお音楽ナタリーでは、本作をいち早く鑑賞した、大のマーベルファンで知られる夜の本気ダンスのベーシスト・マイケルのインタビューを後日公開する。

文 / 浅見みなほ(P1)、渡辺麻紀(P2)

「キャプテン・マーベル」とは

キャプテン・アメリカやアイアンマン、スパイダーマンらヒーローが所属するアベンジャーズ。この映画で描かれるのは1990年代半ば、そのアベンジャーズが誕生する以前の物語だ。主人公は、宇宙に名を馳せるクリー帝国で、エリート・ソルジャー・チーム“スターフォース”に所属する1人の女性。ある出来事で瀕死の重傷を負い、記憶を失った彼女は“ヴァース”という名を与えられ、エリート戦士に育て上げられていた。失った記憶に隠された“秘密”を狙われ、宿敵・スクラル人に捕らわれたヴァースは、逃亡の末に“惑星C-53”こと地球・アメリカのレンタルビデオ店に不時着することとなる。

そしてマーベルファンにとってうれしいのが、「アベンジャーズ」シリーズなどでヒーローたちを率いてきた国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)の長官ニック・フューリーの登場。この頃の彼はまだ、宇宙人の存在を信じていない。しかし空から降ってきたキャプテン・マーベルと彼の出会いが、地球を守るためヒーローたちを集結させる“アベンジャーズ計画”の起点になるのだ。ドラマ「エージェント・オブ・シールド」でも知られるシールドのエージェント、フィル・コールソンが、“新人”だった頃の初々しい姿も見逃せない。

キャプテン・マーベル大解剖!

キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン / 水樹奈々)

WHO’s CAPTAIN MARVEL?

キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン / 吹替:水樹奈々)

名前
呼び名は“ヴァース”
所属
クリー帝国の戦力部隊
スターフォース
年齢
20代後半?
出身
記憶喪失のため不明
「キャプテン・マーベル」より、フォトンブラストを放つキャプテン・マーベル。

必殺技

強大な力を得た彼女は、光子ビームを操る唯一のクリー人となった。得意技は、両手からビームを出してあらゆるものを焼き尽くす“フォトンブラスト”。しかし本当の自分を知らず、精神的に未熟なヴァースは、力を完璧にコントロールすることができない。

「キャプテン・マーベル」

記憶喪失

6年前に瀕死の重傷を負って記憶を失い、“ヴァース”という名を与えられる。家族や友人といったすべての記憶を失った代償として、規格外の力を手に入れた。戦う目的や仲間を与えられ生まれ変わった彼女だが、それでも居場所がない感覚に寂しさを感じている。

「キャプテン・マーベル」より、左からスターフォースの司令官、キャプテン・マーベル。

負けず嫌い

性格はとにかく負けず嫌い! スターフォースの司令官と武術トレーニングで腕を合わせた際には、反則技を使ってまで勝ちにこだわる強気っぷり。感情に振り回されてしまい、司令官から「制御しろ!」と叱られることも……。反対に、孤独や不安に打ちのめされてもあきらめない、不屈の精神の持ち主でもある。

「キャプテン・マーベル」より、キャプテン・マーベル。

ファッションセンスは…?

これは不時着した地球でのヴァースの姿。戦闘用スーツで街を歩くと注目を集めすぎてしまうため、現地で衣類を入手した模様だ。どういった経緯でこの服をゲットしたのかは不明だが、革ジャンにTシャツ、そしてデニムパンツという無骨なスタイルである。ちなみにかぶっているキャップは、シールドのもの。

「キャプテン・マーベル」より、キャプテン・マーベル。

最強スーツ

高性能なスターフォースのスーツは、水陸両用であることはもちろん、宇宙での戦闘にも対応。水の中や宇宙空間に入った際には特殊なマスクが出現し、呼吸できる仕様になっている。マスク装着時、頭頂部から出た髪がモヒカンスタイルになるのも、彼女のトレードマークの1つ。

キャラクター紹介

クリー帝国

スターフォースの司令官(写真右 / ジュード・ロウ / 森川智之)
スターフォースの司令官
(写真右 / ジュード・ロウ / 森川智之)
冷静沈着で、統率力あふれるリーダー。重力を操って戦う。6年前に瀕死状態のヴァースを発見し、エリートソルジャーに育成した。彼女が心の内を唯一明かせる相手でもある。

スクラル人

タロス(写真右 / ベン・メンデルソーン / 関俊彦)
タロス
(写真右 / ベン・メンデルソーン / 関俊彦)
何にでも姿を変えられる能力を持ち、クリー帝国と何世紀も戦い続けてきたスクラル人の中心人物。ヴァースの失われた記憶に潜む、ある秘密を狙う。

地球・アメリカ合衆国

ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン / 竹中直人)
ニック・フューリー
(サミュエル・L・ジャクソン / 竹中直人)
シールドのエージェントで、元軍人。地球に不時着したヴァースと遭遇し、過去の謎を追う彼女と行動をともにしていく。ヒーローの存在を目の当たりにし、アベンジャーズ計画に着手する。
フィル・コールソン(クラーク・グレッグ / 村治学)
フィル・コールソン
(クラーク・グレッグ / 村治学)
シールドの若きエージェント。昇進したばかりでやる気にあふれており、先輩であるフューリーからは「新人」と呼ばれている。フューリーを慕い、陰ながら援護しようとする。
グース
グース
ヴァースたちの前に突然現れた謎の猫。ツンデレな性格で、フューリーを虜にする。

マーベル主演俳優はここまでやる!ブリー・ラーソンの役作りと体作り

2015年の「ルーム」で第88回アカデミー賞主演女優賞に輝いた現在29歳のブリー・ラーソン。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で初となる女性単独主演を果たした彼女にとって、本作は初めての本格アクション映画でもある。

「キャプテン・マーベル」に向けた彼女のトレーニングは、撮影の9カ月前から始まった。ボクシング、キックボクシング、柔道、レスリング、柔術、筋力トレーニングに励んだラーソンは、ついに約102kgのデッドリフトや約101kgのヒップスラストができるまでたくましくなった。デッドリフトとは、床に置いてあるバーベルをつかみ、曲げていたひざを伸ばす形で宙に持ち上げるウエイトトレーニング。その状態で102kg=2リットルの水入りペットボトル51本分の重さを持ち上げると想像すれば、どれだけのものかがわかるはず。彼女の努力の証はInstagramの動画投稿から確認できるが、5000ポンド(約2267kg)のジープを生身で押すトレーニングまで行っているから驚きだ。

さらにラーソンは3カ月をスタントトレーニングに費やし、撮影では自ら多くのスタントをこなした。激しいアクションシーンとエモーショナルで繊細な芝居を同日に撮影することもあったという。「思っていたよりもさらに、心身両面において自分は強い、と気付いたの」と語るラーソン。彼女が演じることによって、キャプテン・マーベルのパワーと不屈の心に説得力が増しているのだ。また「彼女(キャプテン・マーベル)はいつもベストな選択をしているわけではない。本作の旅を通して、自身の欠点や間違いに向き合い、自分が何者であるべきかを受け入れていくの」というラーソンの言葉通り、劇中では彼女がヒーローとして目覚めていく過程も丁寧に表現されている。