三宅唱の新作「ワイルドツアー」を東京初上映、恵比寿映像祭プログラム発表

152

「第11回恵比寿映像祭」が2月8日から24日にかけて東京・東京都写真美術館ほかで開催される。このたびプログラムの詳細が発表された。

「ワイルドツアー」 (c)Yamaguchi Center for Arts and Media[YCAM]

「ワイルドツアー」 (c)Yamaguchi Center for Arts and Media[YCAM]

大きなサイズで見る(全4件)

恵比寿映像祭は、映画、実験映像、インスタレーション、ライヴパフォーマンスなどを複合的に紹介する、映像とアートの国際フェスティバル。今回は「トランスポジション 変わる術」がテーマに掲げられ、26の国と地域から76人の作家とゲストが参加する。

「王国(あるいはその家について)」 (c)Natsuki Kuroda

「王国(あるいはその家について)」 (c)Natsuki Kuroda[拡大]

映像祭では「きみの鳥はうたえる」で知られる三宅唱の新作長編「ワイルドツアー」を東京初上映。同監督による「無言日記2018」のワールドプレミアも行われる。さらに「螺旋銀河」の草野なつかが、俳優が役を獲得するうえでの体の変化を捉えた「王国(あるいはその家について)」の150分版もラインナップに。

「Memento Stella」 Courtesy of the Artist and Empty Gallery, Hong Kong (c)Takashi Makino, Empty Gallery

「Memento Stella」 Courtesy of the Artist and Empty Gallery, Hong Kong (c)Takashi Makino, Empty Gallery[拡大]

また映像作家・牧野貴による4K長編版「Memento Stella」の上映、アニメーション作家デヴィッド・オライリーによるビデオゲーム「エヴリシング」の展示、「ラ・ジュテ」で知られるクリス・マルケルのシンポジウム「クリス・マルケルのトランスポジション」といったプログラムが組まれた。

「キートンの探偵学入門」

「キートンの探偵学入門」[拡大]

乳幼児でも参加可能な「赤ちゃんも参加できる上映会」、対話型鑑賞ワークショップ「こども映画教室シネクラブ@恵比寿映像祭2019」も開催。この企画では「キートンの探偵学入門」がスクリーンにかけられる。そのほかの作品やスケジュールの詳細は公式サイトで確認を。

第11回恵比寿映像祭「トランスポジション 変わる術」

2019年2月8日(金)~24日(日) 東京都 東京都写真美術館、日仏会館ほか
開館時間 10:00~20:00(最終日は18:00まで)
料金:入場無料
※上映、ライブ、レクチャーなどの定員制プログラムは有料

この記事の画像(全4件)

関連記事

三宅唱のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ワイルドツアー / キートンの探偵学入門 / 三宅唱 / 草野なつか / 牧野貴 / クリス・マルケル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。