映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

三宅唱が山口で中高生と作り上げた「ワイルドツアー」予告解禁、初日の来場者特典も

123

明日3月30日に封切られる「ワイルドツアー」の予告編がYouTubeにて解禁。初日舞台挨拶が東京・ユーロスペースにて行われることもわかった。

「きみの鳥はうたえる」の三宅唱が監督を務めた本作は、植物のDNAを解析し図鑑を作るワークショップを題材にした青春映画。「新しい種」を求めて近くの森を探索する大学1年生の中園うめ、中学3年生のタケとシュンの成長の記録がつづられる。

予告は、うめが「今度さ、一緒に行かん? 私と一緒にDNAの採取。山でも海でもいいよ。どっか行きたいところに行こう」と呼びかける場面からスタート。その後、山口県山口市近隣に広がる豊かな自然の中で受講生たちが楽しげに過ごす様子がiPhoneで撮影された映像とともに描き出されていく。シュンがモニタールームでうめの映像に見とれる様子も。

山口情報芸術センター(YCAM)が実施する映画制作プロジェクト「YCAM Film Factory」の第4弾として制作された本作。三宅は約8カ月にわたり山口に滞在し、ほぼ演技経験のない10代の中高生たちとともに、脚本や演出を考えながら映画を作り上げた。明日の舞台挨拶には、三宅のほか、キャストの伊藤帆乃花安光隆太郎栗林大輔、山崎隆正が出席。初日の来場者には5枚組のポストカードセットがプレゼントされる。

「ワイルドツアー」は全国順次ロードショー。

「ワイルドツアー」初日舞台挨拶

2019年3月30日(土)19:00の回上映終了後 東京都 ユーロスペース
<登壇者>
伊藤帆乃花 / 安光隆太郎 / 栗林大輔 / 山崎隆正 / 三宅唱

(c)Yamaguchi Center for Arts and Media[YCAM]

映画ナタリーをフォロー