映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

松坂桃李がTAMA映画賞の最優秀男優賞を獲得「30代は恩を返していけたら」

439

松坂桃李

松坂桃李

第10回TAMA映画賞の授賞式が本日11月17日に東京・パルテノン多摩にて行われ、最優秀男優賞に輝いた松坂桃李が出席した。

孤狼の血」「娼年」「不能犯」「彼女がその名を知らない鳥たち」に出演した松坂は「TAMA映画賞は今年で10周年なんですね。実は僕もお芝居を始めてから今年で10年経ちまして、何かの縁かなと感じております」と挨拶。続けて「最初の年に役が決まったときは、チーフマネージャーから『バーターだからよろしくね』って言われて(笑)。2年目、3年目も発破をかけられ続け、おかげさまでメンタルが強くなりました。数多くの作品や共演者の方に出会わせてくれて、チーフには感謝してもしきれないです。30代は、1つひとつの作品に丁寧に向き合って、その恩を返していけたらと思います」と決意を新たにした。

「孤狼の血」での役所広司との共演について、松坂は「役所さんは現場を包み込むような存在感で。あの背中は本当に大きかったです」と振り返り、役所からもらったという劇中に登場するライターを取り出すと、うれしそうに掲げて見せる。現在撮影中の松岡茉優との共演作「蜜蜂と遠雷」については、「とても素敵な作品で、いい現場です!」と語り、最優秀女優賞を受賞した松岡と親指を立て合った。

また、同じく最優秀男優賞に輝いた東出昌大は授賞式を欠席。東出は、明日11月18日に第28回映画祭TAMA CINEMA FORUMで行われる「寝ても覚めても」の上映後のトークショーに登壇する予定だ。

映画ナタリーでは、同授賞式の様子を引き続きレポートする。なお第28回映画祭TAMA CINEMA FORUMは、本日から11月25日まで多摩市内の各所で開催。

※第10回TAMA映画賞の関連記事はこちらから
深川麻衣がTAMA映画賞で新進女優賞に輝き感無量、伊藤沙莉は声震わせる

吉沢亮がやりたい役は「超普通の男」、吉村界人とTAMA映画賞の新進男優賞に輝く

松岡茉優がTAMA映画賞の最優秀女優賞に、「安藤サクラさんに追いつきたい」

映画ナタリーをフォロー