映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

吉沢亮がやりたい役は「超普通の男」、吉村界人とTAMA映画賞の新進男優賞に輝く

9852

吉沢亮

吉沢亮

第10回TAMA映画賞の授賞式が本日11月17日に東京・パルテノン多摩にて行われ、最優秀新進男優賞に輝いた吉村界人吉沢亮が出席した。

モリのいる場所」をはじめ「悪魔」「サラバ静寂」「ビジランテ」に出演した吉村は「すいません。ほんとに僕みたいな者が……。笑っちゃいますよね、すみません」と恐縮した様子で何度も謝り、会場の笑いを誘う。演じることについて「全部難しい。できたじゃんってことはなくて、不安で不安で迷いながらやっています」と吐露し、司会者に向き直って「こうやって人前に立ったりすると、ビビったりするじゃないですか」と同意を求める。さらに「そういう自分に負けないように、何も持ってないけどがんばろう!って気持ちで鼓舞しています」と胸中を述べた。

リバーズ・エッジ」「猫は抱くもの」「銀魂2 掟は破るためにこそある」「ママレード・ボーイ」「悪と仮面のルール」「レオン」「斉木楠雄のΨ難」での演技が評価され同賞を獲得した吉沢。「3年前くらいに、映画を中心にやっていきたいという話をマネージャーさんとして。それから1つひとつの出会いがあって、この賞をいただけたと思うのでとてもうれしいです」と笑顔を見せる。また8本の映画に出演した今年を「幅広くいろんな役をやらせていただいて、楽しい年でした。映画の現場が本当に好きです」と振り返り、「超普通な男をやってみたいですね。なんの特徴もない等身大の男というのは、意外にやったことないので」と今後の展望を語った。

映画ナタリーでは、同授賞式の様子を引き続きレポートする。なお第28回映画祭TAMA CINEMA FORUMは、本日から11月25日まで多摩市内の各所で開催。

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正致します。

※第10回TAMA映画賞の関連記事はこちらから
深川麻衣がTAMA映画賞で新進女優賞に輝き感無量、伊藤沙莉は声震わせる

映画ナタリーをフォロー