映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

松岡茉優がTAMA映画賞の最優秀女優賞に、「安藤サクラさんに追いつきたい」

270

松岡茉優

松岡茉優

第10回TAMA映画賞の授賞式が本日11月17日に東京・パルテノン多摩にて行われ、最優秀女優賞に輝いた松岡茉優が出席した。

まず、同じく最優秀女優賞に輝いたが欠席した安藤サクラからのビデオレターが流れる。映像内で安藤は、松岡と共演した「万引き家族」について「産後間もなく撮影に入ったのですが、是枝さんが私が本能的に持っている部分を引き出してくれて、この役を演じることができました」「茉優と同じ賞を受賞できたことがほんとにほんとにうれしいです」と笑顔で語った。

「万引き家族」のほか「勝手にふるえてろ」「ちはやふる -結び-」「blank13」に出演した松岡は、安藤からのメッセージを受けて「もし1つしかこの賞がなかったら、私はここにはおりません。こんなことを言うのはおこがましいですが、完全な2位だと思っています」と正直な気持ちを打ち明ける。「万引き家族」での安藤のあるシーンに触れると「私はあのシーンを観て悔しいと感じました。2年前に新進女優賞をいただいてからの一番の成長はそこだと思います。サクラさんにいつか追いつきたい、追い越したいと感じるようになったのは、ここで俳優として認めてもらったからです」と真摯に述べた。

主演作「勝手にふるえてろ」について松岡は「大九(明子)監督とは(主人公の)ヨシカを通してたくさんお話ができました。また、救いたいと思っている女の子たちから『救われた』という感想もいただけました」とコメント。そして最優秀新進女優賞を獲得した友人・伊藤沙莉に視線を向けると、「そこにいる伊藤沙莉がそう言ってくれたことにも、胸が熱くなりました」と笑顔を見せる。最後に今後の出演作について尋ねられると「舞台袖で(最優秀男優賞を受賞した)松坂桃李さんとお会いしまして。現在私たちは『蜜蜂と遠雷』という作品に取り組んでいます。松坂さんの包み込むような優しさで現場は進んでおりますが、私もがんばっておりますので、またTAMA映画賞に呼んでいただけるよう精進して参ります」と意気込みを語った。

映画ナタリーでは、同授賞式の様子を引き続きレポートする。なお第28回映画祭TAMA CINEMA FORUMは、本日から11月25日まで多摩市内の各所で開催。

※第10回TAMA映画賞の関連記事はこちらから
深川麻衣がTAMA映画賞で新進女優賞に輝き感無量、伊藤沙莉は声震わせる

吉沢亮がやりたい役は「超普通の男」、吉村界人とTAMA映画賞の新進男優賞に輝く

映画ナタリーをフォロー