映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

仮面ライダーはフィクション?「平ジェネ」予告とあらすじ解禁、電王らしき後ろ姿も

12843

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」の予告編が、YouTubeにて公開。同時に、本作のあらすじが明らかになった。

テレビ朝日系で放送中の「仮面ライダージオウ」と前作「仮面ライダービルド」がクロスオーバーする本作。劇中冒頭では、仮面ライダージオウ / 常磐ソウゴと仮面ライダービルド / 桐生戦兎の世界に異変が生じ、仲間たちが別人と入れ替わるかのように記憶を失い始める。そこへ、1人の少年・シンゴを追って、スーパータイムジャッカーのティードが出現。ティードやその手先のアナザー電王、アナザーWと戦ううち、戦兎は洗脳され操られてしまう。またソウゴが戦いの中で出会った仮面ライダー好きの青年・アタルは「仮面ライダーは、現実の存在じゃない」と告白。さらにアタルが、謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいたことが明らかに。そんなときティードは、平成仮面ライダー誕生の地と言える「仮面ライダークウガ」の九郎ヶ岳遺跡を訪れる。

このたび公開された予告編には、勢ぞろいした20人の平成ライダーや、奥野壮演じるソウゴ、犬飼貴丈演じる戦兎の姿に加え、渡邊圭祐扮するウォズの「仮面ライダーはテレビの中の絵空事……」というセリフが収められた。その言葉を裏付けるように、劇中で商品化された仮面ライダーグッズや、テレビ番組となった「仮面ライダージオウ」のポスターなども映し出される。後半では、大東駿介演じるティードの「仮面ライダークウガから始まった平成ライダーの歴史が、今終わりを告げる」という言葉や、九郎ヶ岳遺跡の映像、ゆっくりと歩く仮面ライダー電王らしき後ろ姿も確認できる。

「仮面ライダー電王」のオリジナル声優キャストである関俊彦遊佐浩二てらそままさき鈴村健一や、フータロス役のゲスト声優・滝藤賢一が参加した「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」は、12月22日より全国ロードショー。

「ジオウ&ビルド」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

映画ナタリーをフォロー