映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ハナレイ・ベイ」佐野玲於が吉田羊との食事を振り返り「完全に母親」

2897

「ハナレイ・ベイ」プレミア上映会の様子。左から佐藤魁、村上虹郎、吉田羊、佐野玲於、松永大司。

「ハナレイ・ベイ」プレミア上映会の様子。左から佐藤魁、村上虹郎、吉田羊、佐野玲於、松永大司。

ハナレイ・ベイ」のプレミア上映会が本日10月2日に東京・丸の内ピカデリーで開催。キャストの吉田羊佐野玲於GENERATIONS from EXILE TRIBE)、村上虹郎佐藤魁、監督の松永大司が上映前の舞台挨拶に登壇した。

村上春樹の同名短編小説をもとにした「ハナレイ・ベイ」は、一人息子が命を落とした場所であるハワイのハナレイ・ベイを訪れたシングルマザー・サチの姿を描く人間ドラマ。10年間ハナレイ・ベイに通い続けるサチを吉田、サメに襲われて死んだ息子タカシを佐野が演じた。村上虹郎と佐藤は、サチがハナレイ・ベイで出会う日本人サーファーに扮している。

吉田は「もともと村上作品が好きだったので、二つ返事でオファーを受けました」とコメント。そして「私は松永監督の『トイレのピエタ』を拝見して『いつかこの監督に呼ばれたい』と思ったんですけど、こんなに早く願いが叶うとは」と感慨深そうに語った。

自分が出演していたライブに松永が来ていたことを明かす佐野。松永が「ライブを観たときにすごく光ってる男が1人いて、『あれ誰?』と一緒にいた人に聞いたら、『佐野玲於だよ』と教えられたんです。その日のうちにプロデューサーと話をしてオファーしたんですが、一度断られて」と振り返ると、佐野は「自分の知らないうちに断られてたんです!」と続ける。松永は「出演オファーは恋の告白のようなものですから、簡単にあきらめられずもう一度オファーをしたら受けてもらえました」と回想した。

村上虹郎も、吉田と同様に松永の「トイレのピエタ」が好きであることを明かし「原作を読む前に、松永さんが監督されると聞いただけで出演を決めました」と述懐。佐藤は「役が決まったとき、羊さんだったり虹郎だったり玲於と共演すると聞いて、正直びっくりしました」と話し出すも次第に内容が支離滅裂になり、村上虹郎から「緊張してる?」とツッコまれる。

ハワイで行われた撮影を思い返して吉田が「心を閉ざした役だったので、カメラが回っていないところではみんなと関わらないようにしていました。でも一度だけ4人でお昼を食べたことがあって」と、佐野が「ケチャップとマスタードを持って来て『あんたたち、これ付けな』って言ったんですけど、そのときの羊さんが完全に母親で」と話す。また、吉田は松永の演出が厳しかったことに触れ「クランクイン日からこてんぱんにやられて、この作品が終わったら女優を辞めようと思ったぐらいです」と述べた。

イベントでは、本作が「人生で一番大切な人に会いたくなる映画」であることにちなみ、キャストが「人生で一番大切な写真」を披露するコーナーも。佐藤は家族、村上虹郎は飼っていた犬の親子、佐野は本作の撮影中に遭遇した虹をバックに自身が写っているもの、吉田は自身の両親の写真を公開。佐野が眠そうな自分の顔について「寝起きで顔パンパン」と説明すると、客席から「かわいい!」という声が飛び、彼は「どうすりゃいいの!?」と照れた表情を見せていた。

最後には村上虹郎が写ルンですを持ち込み、ほかの登壇者たちを撮影。和やかな雰囲気の中、舞台挨拶は終了した。「ハナレイ・ベイ」は10月19日より全国ロードショー。

(c)2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会

映画ナタリーをフォロー