映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ミス・シャーロック」山田裕貴演じる“絵に描いたようなダメ息子”の写真到着

2876

ドラマ「ミス・シャーロック」より、山田裕貴演じる鷹山優一。

ドラマ「ミス・シャーロック」より、山田裕貴演じる鷹山優一。

HuluとHBOアジアの共同製作ドラマ「ミス・シャーロック」より、山田裕貴の出演シーンを捉えた場面写真が到着した。

本作は、名探偵シャーロック・ホームズとその相方ジョン・ワトソンが「もし現代の東京にいたら」「もし2人とも日本人女性だったら」という新たな解釈で描かれるミステリー。イギリスからの帰国子女で捜査コンサルタントのシャーロックを竹内結子、シャーロックと共同生活を送ることになる外科医・橘和都を貫地谷しほりが演じ、「重力ピエロ」の森淳一が監督陣に名を連ねた。

山田は、本日6月1日よりHuluにて配信開始となる第6話「マリス・ステラ」に、国会議員の父を持つ青年・鷹山優一役でゲスト出演。絵に描いたようなダメ息子である優一のもとに、冷凍保存された人間の右耳が入った小包が届くことから物語が展開していく。そしてその右耳は、中村倫也扮する巡査部長・柴田の恩師のものであることが明らかになる。

全8話から成る「ミス・シャーロック」は、Huluにて配信中。毎週金曜日に新しいエピソードが公開される。

(c)2018 HJ HOLDINGS, INC & HBO PACIFIC PARTNERS, V.O.F

映画ナタリーをフォロー