映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「アマゾンズを背負って生きていこう」藤田富語る、谷口賢志から手紙のサプライズも

825

「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」初日舞台挨拶の様子。

「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」初日舞台挨拶の様子。

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」の初日舞台挨拶が、本日5月19日に東京・丸の内TOEIにて開催され、キャストの藤田富谷口賢志俊藤光利田邊和也宮原華音勝也神尾佑姜暢雄国府田聖那、監督の石田秀範が登壇した。

本作は、人喰い人工生命体“アマゾン”と人間の戦いを描き、2つのシーズンがAmazonプライム・ビデオにて配信されたドラマ「仮面ライダーアマゾンズ」シリーズにとって初の劇場版。映画化を目標にシリーズを手がけてきた石田は、観客に向けて「感無量でございます。皆さんがいなければ映画にならなかったと実感しております」と深くお辞儀をする。

水澤悠 / 仮面ライダーアマゾンオメガ役の藤田は「いざ公開を迎えると、アマゾンズがもう終わってしまうんだなと……」と寂しそうに語る。鷹山仁 / 仮面ライダーアマゾンアルファ役の谷口は、客席を見渡して「皆さん、涙で前が見えてない状態かなと思っていたら、けっこう笑顔と拍手で僕らを迎えてくれたので……。どうなの? 泣いたでしょ?」と問いかけ、大きな拍手が返って来ると満足気な笑顔を見せた。

この日は制服ではなく、スーツ姿で登場した駆除班のキャストたち。リーダー・志藤真役の俊藤は、冒頭から目に涙を溜めながら「シーズン1から人間の立場でアマゾンと対峙してきた。アマゾンとどう向き合うかということに激しく心を変えられていった」とシリーズを振り返る。福田耕太役の田邊は本作のラストについて「あのあと駆除班がどうなったかは、皆さんのご想像にお任せしたい。監督にも『ポジティブに捉えて』と言われました」と解説。アクション面でチームを引っ張ってきた高井望役の宮原は、三崎一也役の勝也に「アクションと言ったら宮原華音なので!」と紹介され、「これまでは自分対アマゾンと考えてきたんですが、この映画ではチームということを気にしていました」と撮影を回想した。

仮面ライダーアマゾンネオアルファ / 御堂英之助役でゲスト出演した姜は、石田に視線を向けながら「冷酷なキャラクターになったのは石田さんのおかげ。石田さんが怖くてブルブル震えていたので、そう見えたんじゃないか」と笑いを誘う。「仮面ライダーオーズ / OOO」でも石田と現場をともにした神尾は、橘雄悟役での迫真の演技について「監督は基本的に丸投げなんですね。ト書きには書いてなくても、監督に『なんかやっといて』と言われて『僕もそのつもりでした』と返す感じです(笑)」と告白した。

自身にとっての本シリーズを、藤田は「石田監督には芝居の面白さを、そして谷口さんには芝居や世界の広さを教えていただき、芝居が大好きになった。芝居がなきゃ生きていけなくなりました。これからもアマゾンズを背負って生きていこう、芝居をしていこうと思うようになりました。僕の人生に欠かせないキーポイントでした」と熱く語る。そして終盤には、そんな藤田へ谷口から手紙のサプライズプレゼントが。谷口は「最後に褒めまくるのもアマゾンらしくないから、撮影中1回だけ本気で富にキレていたことを告白します」と切り出して笑いを起こしつつ「お前はことあるごとに『谷口さんのおかげ、仁さんのおかげで演技が好きになった』と言ってくれるし、俺に勝つためにがんばってこれたと言ってくれる。けど、お前の成長を喜び、そして心底怖がり、負けないように必死に生きていたのは、絶対に俺のほうだと思ってる」「藤田富、この名前を絶対に忘れない。富、出会ってくれてありがとう。アマゾンズの片割れより」と感動的なメッセージを送る。それを受けて藤田は「谷口さんは本当に僕の師匠だなと思います」と感激していた。

最後の挨拶で谷口は「僕は天下を獲りたいですし、時代を作りたいです。劇中で泣かなかったのでここで泣くのもカッコ悪いのですが……本当に感謝しています」と言って涙をこらえるかのようにぐっとまぶたを閉じる。そして藤田は「ぜひ4D上映も観て、アマゾンズの世界を楽しんでいただけたら」とアピールした。

谷口賢志 手紙全文

富へ
初対面や撮影現場での思い出はこの3年間で散々話してるし、最後に褒めまくるのもアマゾンらしくないから、撮影中1回だけ本気で富にキレていたことを告白します。おそらく話していないと思います。
あれはシーズン1の撮影後半戦、富は疲労がピークだったんだと思う。慣れない芝居、主役の重圧、過密な仕事量、周りのキャスト・スタッフが陰で心配するくらい富は疲れていた。ただ、どんな状況でも弱さを見せないのが主役だよな。現場の富の立ち振る舞いに俺はいら立ちをぐっと抑えて、ここにいる俊藤さんに相談したんだよ。そしたらね、この人がね、「賢志の言う通りだ。富はちょっとおかしい。でも俺ら2人でもう少し見守ろう。で、駄目だったら2人で殴ろう」って言ってくれたんだ。
助かったな、富。そして助かったな、俺。あのときブチ切れてたらリアルアマゾンズになってたかもしれないし、ニュースになって違う意味でアマゾンズが有名になっていた可能性があるからな。
まあ俺や俊さんの心配をよそに、お前はアマゾン細胞を本当に持っているかのごとく、あっという間に本物の主役に、本物の俳優に成長していった。
ついでにもう1つ告白すると、お前はことあるごとに「谷口さんのおかげ、仁さんのおかげで演技が好きになった、もっとやりたくなった」と言ってくれるし、俺に勝つためにがんばってこれたと言ってくれる。
けど、お前の成長を喜び、そして心底怖がり、負けないように必死に生きていたのは、絶対に俺のほうだと思ってる。
人間は忘れていく生き物だからさまざまなことをすぐに忘れてしまうし、大切なことをどんどん忘れていってしまうと思うけど、俺は忘れない。
藤田富、この名前を絶対に忘れない。
富、出会ってくれてありがとう。アマゾンズの片割れより。

追伸。時代も時代だから、お互い不祥事には気を付けよう。

(c)2018劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (c)石森プロ・東映

映画ナタリーをフォロー