映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「恋雨」大泉洋、小松菜奈が密かに感じていた歳の差ギャップ知り「傷付いた…」

628

「恋は雨上がりのように」試写会の様子。

「恋は雨上がりのように」試写会の様子。

恋は雨上がりのように」の試写会が本日5月17日に東京・スペースFS汐留で行われ、橘あきら役の小松菜奈と近藤正己役の大泉洋が登壇した。

本作は眉月じゅんの同名マンガを「帝一の國」の永井聡が実写化したラブストーリー。17歳の女子高生・あきらと、彼女が思いを寄せる45歳のファミレス店長・近藤の関係を描く。

あきらと近藤の間に28歳の歳の差があることにちなみ、友人同士、カップル、夫婦、親子などさまざまな“歳の差さん”が招待されたこの日のイベント。司会から「実際には23歳差の大泉さんとの間にギャップを感じたことは?」と聞かれた小松が「1回もないです」と答えると、大泉は「なきゃないで問題ですよ! 大泉さんはやっぱり大人でしたって言ってくれても……(笑)」とこぼした。

イベントはここで「歳の差ギャップクイズ」というコーナーに。スクリーンに映し出された項目に小松、大泉、観客が「Yes」か「No」で答えていく。「相手のことを、自分よりも子供っぽいなと思う瞬間がある」という設問にYesと答えた大泉は、小松について「意味なく走るんですよ。これは子供としか言いようがない」と述懐。「劇中で砂浜のシーンがあるんですけど、海に着いた途端この子は『アッハッハッハッハ!』って笑いながら走ってましたからね」と舞台上をバタバタと走ってみせると、小松が「そんなふうには走りません!(笑)」とツッコミを入れた。

「相手が話していることがよくわからないけど、思わず知ってるふりをしてしまったことがある」という項目に小松がYesと答えると、大泉は「いったいどこでそんなことがあったんですか……? おじさんの話がわからなかったのにわかってるふりをしてしまったのかい、君は」と詰問。小松がたじろぎながら「大泉さんが楽しそうに昔のテレビ番組とかのお話をしてくださって、『ああ、そういう番組ありましたよねー!』とか返してたんですけど、本当は全然わからなくて(笑)。あんまり楽しそうにお話されるんで『わからないです』って言えなかったんです」と弁明すると、大泉は「めちゃくちゃ歳の差ギャップあるじゃないか! 僕はNoと答えたのに!」と嘆く。そして小松の「全部わからなかったわけじゃないですよ」という慰めに「もう手遅れです。すごく傷付いてます……。なんでこんな残酷な企画やったんですか?」とぼやき、爆笑を誘った。

イベントでは、来場者のうち2組が登壇する一幕も。49歳の男性と29歳の女性の夫婦が、大泉のブレイクの契機となった北海道のローカル番組「水曜どうでしょう」についての会話をきっかけに仲良くなったというエピソードが飛び出すと、大泉は「出ました、“どうでしょう婚”ですね! 『水曜どうでしょう』が好きという共通項で一気に近付くっていうパターンが多いんですよ」と生き生きと話す。さらに、友人同士であるという37歳の男性と25歳の女性については「付き合っちゃえばいいじゃない! 告白しちゃえばいいじゃん!」と煽って会場を沸かせていた。

「恋は雨上がりのように」は5月25日より全国で公開。

(c)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (c)2014 眉月じゅん/小学館

映画ナタリーをフォロー